100%ドヤ顔で出せて店員の目と心を奪う金属製ラグジュアリーカード !

クレジットカード

最近は以前と比べると、日本でもクレジットカードを使う人がだいぶ増えてきましたけど、皆さんは一体どんなクレジットカードを使ってますかね?

色々な会社から何百枚という種類のカードが発行されてるわけですが、やっぱり使うなら少しは見栄を張って、 普通よりもステータスのあるクレジットカードで会計をスマートに済ませたい人も多いのではないでしょうか?

いわゆる “ブラックカード” とか “プラチナカード” をドヤ顔でサッと出して、実際に「どや?」って感じで店員さんに渡したい人もいるのではないかと推測します…。

えぇ、私もそんな一人(笑)

人間誰しも見栄を張りたいわけですし、店員さんに「うわぁ〜すごいですね〜」なんて言われたりした時は堪らないですよね^^;

でも、実際に使うカードによっては、本当にそのような反応をされることがあって、私もこれまで何回も「すごいですね〜」って言われことがあります。

もちろん、無関心で何もリアクションを起こさない店員さんもいますけど、大体の人はお褒めの言葉を発してくれるか、カードをじろじろ見ますね。

…と余談はさておき、このドヤれるカードというのがラグジュアリーカードのチタニウムカードになります。

詳細はこの先で紹介していきますが、こちらは金属で出来ているため、90%以上の店員さんは何らかの反応を見せ、確実に会計時にドヤれるカードになりますので、見栄を張りたい人には最高にもってこいのカードになります。

ちなみに、年収は600万円あれば持てる可能性大!

公式サイト:ラグジュアリーカード

金属製のラグジュアリーカードについて

ラグジュアリーカードが他のカードと異なる点はただ1つ!

金属製であること。

普通のクレジットカードは当たり前ですがプラスチックで出来ています。しかし、このラグジュアリーカードは日本で数少ない金属で出来ているカードなのです。

補足情報を載せておくと、実は2018年9月までは日本で唯一の金属製クレジットカードだったのですが、同年10月からアメリカンエクスプレスのプラチナカードがついに金属カードを発行するということで、日本で唯一ではなくなってしまいました。

ただ、まだ日本にはこれら2枚しか金属製カードは存在しませんので、珍しいことに変わりはありません。

3枚あるラグジュアリーカード

ラグジュアリーカードには種類が全部で3枚ありまして、ランクの高い順から「ゴールドカード」「ブラックカード」「チタニウムカード」になります。

ちょっとクレジットカードに詳しい方なら「あれ?」って感じですよね。

普通は、ブラックカード→プラチナカード→ゴールドカードという順番なのですが、ラグジュアリーカードの場合には何故か順番が逆と言いますか、ゴールドカードが一番上になっているのです。

このゴールドカードは24金コーティングされており、まさに異次元のカード!年会費も20万円と桁違いでサービス内容も全然違います。

そのワンランク下の漆黒のブラックカードでさえ、年会費は10万円と通常のプラチナカードよりも高く桁違い!

そして、一番下のランクに位置するのが、今回紹介することになるチタニウムカード。年会費は5万円とまさにプラチナカードと同等で、サービス内容的にも他社のプラチナと大体同じになります。

ちなみに私はゴールドカードとブラックカードは所持してません。

っていうか持てません… (T . T)

紹介しようと思っても紹介できないのが本音。そもそも背伸びしてドヤる為に持っているようなものですから、全然そんなカード持てませんよ^^;

チタニウムカードの詳細

・年会費:5万円(税抜き)
(家族会員は1万5千円+消費税)

・24時間365日対応のコンシェルジュサービス

プライオリティ・パス(プレステージ)

・国際線手荷物宅配無料

・旅行傷害保険(国内・海外)

・ラグジュアリー・アップグレード

TOHOシネマズ優待(毎月1回無料)

・ラグジュアリーダイニング

・カフェ・バー優待

チタニウムカードの年会費と主な特典を書きました。

一般的なプラチナムカードの特典に加えて、ラグジュアリーカードでしかないお得な特典もありますので、気になる特典をこの先で紹介していきたいと思います。

まずは年会費から。

年会費5万円

年会費は5万円+消費税になりますので、合わせると54,000円になります。

これだけ見ると「高い!」と思うかもしれませんが、1ヶ月で計算してみると4,440円で、1日にすると驚くことにたったの148円です!

この金額を高いと思うか安いと思うかは人それぞれだと思いますが、これから紹介する特典をフルに利用することによって全然元は取れると思います。

1日148円でドヤれるなら、むしろ安いくらいですよねぇ。。。

コンシェルジュサービス

24時間365日のコンシェルジュのサービスは他のゴールドカードでもありますけど、ラグジュアリーカードのコンシェルジュサービスは、電話はもちろんメールにも対応しています。

メールでの問い合わせは、他のカードのコンシェルジュにはなかなかありませんので、これは電話が苦手な人や最近電話を使わない若い人にはありがたいですね。

プライオリティ・パスが無料

海外旅行によく行く人ならご存知かもしれませんが、プライオリティ・パスとは海外・国内のVIPラウンジを利用できるサービスで、これがラグジュアリーカードを持つだけで無料で持つことができるのです。

プライオリティ・パスには実はランクがありまして、

・【スタンダード】年会費99ドル、1回の利用32ドル

・【スタンダードプラス】年会費299ドル、10回無料でそれ以降1回32ドル

・【プレステージ】年会費429ドル、無制限に無料

※同伴者の利用はどのランクも1人32ドル

ラグジュアリーカードを持つと無料で手に入るのは、一番ランクの高い【プレステージ】になります。

年に何回でもラウンジを無料で利用できますので、海外旅行へ頻繁に行く人などには嬉しいですね♪

日本では成田国際空港、関西国際空港、福岡国際空港、中部国際空港セントレアにプライオリティ・パスで入れるラウンジがあり、関西国際空港の第1ターミナルにあるお好み焼き屋「ぼてぢゅう」でも、プライオリティ・パス を見せるだけで3,400円分の料理を無料で食べることができるのです。

もちろん、関西国際空港から飛行機に乗る場合のみですが、国内線ももちろん適用されますのでLCCを乗る場合でも利用することが可能!

このプライオリティ・パスは、普通に公式ホームページから申し込むことはできますが、ラグジュアリーカードのようにクレジットカードを持つだけで手に入りますので、多くの人はプラチナカードなどステータスのあるカードを持つことによってゲットしています。

大体プラチナカードは5万円ほどの年会費が掛かってしまい、なおかつ、誰でも持てるカードではありませんので、このプライオリティ・パスを手に入れたい人の多くは、年会費10,800円(税込み)で審査も緩い楽天プレミアムカードを入手していますね。

TOHOシネマズが月1回無料

これは数あるクレジットカードのなかでも、ラグジュアリーカードだけにしかない特典になります。

なんと、日本全国にある映画館TOHOシネマズで映画を月に1本を無料で見ることができます!もちろん、毎月1回ですので、年に12回も無料で映画を見れてしまうのです。

映画は1回見ると大人1,800円になりますので、12回見れば21,600円分をタダで見れることになるのです!

もうこれだけでラグジュアリーカードの年会費を半分近く回収することができますし、このTOHOシネマズの無料券と、すでに紹介したプライオリティ・パスを手に入れるためにラグジュアリーカードを選ぶ人も多いのです。

私もこれは利用していますが、月1本無料なのはかなり嬉しいです^ ^

 

1週間で箱で届くラグジュアリーカード

ネットで調べてみると、「ラグジュアリーカードは最短で3週間くらいで発行される」と書いてあったのですが、私の場合、申し込んでから約1週間でカードが自宅に届きました

詳細を書きますと、

・9/7(金)公式ホームページから申し込み

・9/10(月)NETstationAPLUS会員登録完了

・9/16(日)カード到着

になります。

土日はおそらくお休みでしょうから、おそらく9/9日に申し込んでも同じ日にカードは到着したのではないかと思います。よって、ラグジュアリーカードは最短1週間で発行可能だということが証明されてますね。

そして、「NETstationAPLUS会員登録完了」というメールが届いたら、それはもう審査に通過したと認識していいということになります。申し込んで数日でこのメールが届かなかったら、ちょっと心配したほうがいいかも。

ただ、申し込み時に「お支払口座登録」しておかないと最短では届きませんので、早くカードを手に入れたい場合にはしっかり申し込み時に入力しておきましょう!

開封!まさかの箱で届く

クレジットカードって箱で届きますか?笑

これは初めて見ました。

ただのカードですから、普通は郵便手紙のような感じで届くと思うのですが、ラグジュアリーカードは金属カードですし、高級感を持たせることもあって、まさかの「箱」で届きます。

早速、蓋を開けるとこんな感じ!

特典などが書かれた説明書的なものが入っています。

そして、説明書の下についにラグジュアリーカードのチタニウムカードが姿を現します!

いや〜かっこいい!!!

ちなみに、ラグジュアリーカードのカード会社は「Mastercard」しか選べません。一般的なカードは「VISA」と「Mastercard」のどちらかを選べるのですが、これはもう固定でVISAの選択肢はありません。

このMastercardですが、ロゴが少し変わったんですよね。少し前までは丸い2つの円のなかに「Mastercard」の文字が入っていたのですが、それが丸い2つの円の下に「mastercard」と文字が入るようになりました。

以前のロゴがこちら↓

個人的には以前のよりも格段にかっこよくなりましたので、いい時期に手に入れました。

また、先程ラグジュアリーカードは全部で3枚あると紹介しましたが、ぶっちゃけ、ゴールドカードは金色すぎて会計時に出すのがちょっと恥ずかしいと思いますし、ブラックカードもカード表面に「BLACK CARD」という文字が入っていて、こちらも出す時恥ずかしい感じがしますね^^;

(↑使ったことはないですが予想で)

それに比べて、チタニウムカードは「TITANIUM CARD」と書かれていて、カードもチタン色と言いますかシルバーですので、出すのも全く抵抗なく、おまけに金属なのでなかなか高級感もあって出しやすいカードです。

Apple Payに登録可能

ラグジュアリーカードは、もちろんiPhoneのApple Payに登録できます。

「クレジットカード/プリペイドカード」を選択。

すると、自動的にカメラが起動しますので、枠のなかにカードの表面を入れ読み取らせます。

読み取れたら裏面のセキュリティコードを入れます。

利用規約を読んで「同意する」を選択。

するとカードを追加され、QUIC Payが使えるよという表示が出ます。

そう、ラグジュアリーカードはQUIC Payに振り分けられています。IDではないので注意。

 

最後にカード認証が必要になりますので、SMSかメールアドレスを選んで認証コードを送らせます。

届いたらそのコードを入力、以下のようにWalletアプリに追加されます。

 

ラグジュアリーカードを出した時の店員の反応

さて、ここからはドヤりたい人必見になります(笑)

実際に、このラグジュアリーカードのチタニウムカードを会計の時に出すとどんな反応をされるのか?

証拠として音声録音でもしようかと考えましたが、今のところまだやっておらず、いつかやるかもしれません^^;

個人的な経験では95%以上の確率で店員は何らかのアクションを起こします!それは声を掛けてくれる場合もあれば、ただモノ不思議そうにじっとカードを見ている場合もあります。

パートのおばさんは興味なし

もしかしたら年齢層によっても反応は違うのかもしれません。

普段行くスーパーマーケットでもサッとドヤ顔でチタニウムカードを出すのですが、昼間に買い物に行くと大抵レジはパートのおばさんが担当です。

彼女らはいわばレジ会計のプロ!もう何年やってるんだか分かりませんが、かなり手つきも慣れた様子で、おそらくこれまで数百種類ものクレジットカードを見てきているはず!

そのためカードには多少なりとも興味関心があるのかと思いきや、現実は、パートのおばさんのほぼ全員が全くの無関心です^ ^

もう完全に流れ作業w

カードを取ってシュッとカードリーダーに通して即返却。

カードを1秒足りとも見ませんし、「ありがとうございました。はい、次の人!」と言わんばかりの速度で、何のリアクションもしてくれません(笑)

こっちは全力でドヤってるのに、あの対応をされると恥ずかしくなります^^;

あくまでこれは私の経験ですが、パートのおばさんのカードに対する興味は薄いと思いますので、正直リアクションを期待することはできません。

若者(男)はカードを見つめる傾向あり

若者でも男性は特に、100%なんらかの反応を示します

一番多いのが、返却する時にカードをじーっと見つめるという反応。まるでそのカードの名前を覚えるかのように、「お〜なんかすげ〜」って感じの眼差しで見つめる人は多いです。

大学生くらいですとクレジットカードを持てる年齢ですので、多少なりともカードに興味があると思いますし、レジ会計をやっていれば色々なクレジットカードを見ますから、自然に興味を持ってしまうのでしょう。

それゆえ、声には出さないけど「なんだろー?帰ってから調べてみよ!」といった感じでカードの名前を覚えるために、じーっと見ているのだと推測します。

ドヤってる側からすると、そうやってじーっとカードを見つめていると「お!反応してるぞ!気になってる、気になってる」といい気分になり、ドヤり甲斐があります(笑)

明らかにカードが気になってる証拠ですからね〜^ ^

「すごいですね〜」と話かけてくる学生

じーっと見つめてくる一方で、声をかけてくる学生の店員さんもいます。

声をかけてくると言うことは、もしかするとラグジュアリーカードの存在を知っている人かもしれません。「知ってはいるけど、金属カードを生で見たのは初めて」といった感じで、興奮してくれる人がいます。

実際に私もこの記事を書いている前日、スーパーに行った時に男性の学生さんからカード返却時に「すごいですね〜」と言われました!

(↑喜び度MAXで、この時もしっかりドヤり顔 笑)

何がすごいのかは聞きませんでしたけど、数あるカードを見てきた店員さんでも金属製のクレジットカードを触るのは初めてだったのでしょう!店員さんの顔が少し興奮していたのを今でも思い出しますw

このように声を掛けてくれる店員さんは珍しくなく、スーパー以外ですとその確率は上がります!スーパーはどうしても次に待っている人がいますから、そんなことをしている余裕はありません。

しかし、レストランの会計などでは、うしろに待っている人がいない分余裕があるわけで、話しかけてきてくれる率は格段に上がるというわけです。

店員さんが何か話しかけてきてくれることほど、こちら側としては「ドヤり成功!」と嬉しい気分になることはありませんよね 笑

話しかけられた瞬間思いますよ。

「あーラグジュアリーカードを手に入れてよかった!」ってね。

レストランや居酒屋では100%効果発揮!

ラグジュアリーカードの効果を最大に発揮できる場所は、レストランや居酒屋になります。

まず、このような場所は友達などと行く機会も多いかと思いますが、会計時、会計をしてくれる店員さんはもちろんのこと、一緒にいる友達や連れの人達にも同時にカードを見せつけることができます。

触らなくても、「チタニウムカード」と書かれていて高級感も出まくりですので、それが金属製とは関係なく、多くの人は「お〜お前すげーカード持ってんじゃん!」となります(笑)

もちろんその友達がクレジットカードに詳しかったりお金持ちだったりすれば話は別ですが、大抵の場合、感激してくれますね。これがまた堪らなく嬉しいw

そして、それと同時に店員さんにも「すごいですねー」とか「初めてプラスチックじゃないカード見ましたー」とか言ってもらえて、「どうだ?金持ちだぞー」という金持ちアピールをし、それと同時にドヤることができます。

一度に店員さんにも友達にもドヤることができ、二重にドヤれるということで、ドヤり目的でラグジュアリーカードを持とうとしている人からすると、とんでもない至福のひと時です^ – ^

会計時の店員の反応まとめ

すでに書いた通り、ラグジュアリーカードは店員さんの目と心を奪います!

パッと見て高級感/質感があり、実際に持ってみるとずっしりと重いということで、人によっては「すごいですねー」と声を掛けてくる人もいますし、目だけで凄さを伝えてくる人もいます。

このカードは経験からも間違いなくドヤれる1枚になっていますので、「俺はお金持ちだぞ」とアピールしたい人や、毎度の会計時にドヤ顔をして決めたい人は、ぜひ手に入れることを強くお勧めしますね!

普通のプラチナカードよりも、明らかにドヤれます(^ ^)

 

お金持ちじゃなくても年会費5万円さえ払えば持てる

正直、ラグジュアリーカードだけに限りませんが、お金持ちではない人は、プラチナカードは必要ないと個人的に思っています。

普通のゴールドカードを1枚持っておけば十分です!

プラチナカードは、持とうと思えば年会費さえ払えば持てますが(審査に通れば)、たとえ持ったとしてもカードの特典はまったく使いこなせません。

コンシェルジュなんて普通に生活しているのなら必要ないですし、どうせ高級店にもほとんど行かないでしょうから、結局、特典は必要ないのです。

ラグジュアリーカードに関していえば、お金持ちじゃない人が使える特典と言ったら、TOHOシネマズの月1無料券とかプライオリティ・パスの2つくらいしかありません。

高級レストランに行ったりするのなら料理の値段が安くなったりして、特典を活用することができますが、そんな場所と無縁な人は特典を全然使いこなせないのが現状です。

ただ、年収がそこそこあり年会費さえ払えばプラチナカードは持てるわけでして、つまり、手に入れてお金持ちアピールをできることは間違いありませんし、ドヤることも可能です。

なので、もし大してお金持ちではないにも関わらず、ラグジュアリーカードを含めたプラチナカード以上を持つのでしたら、それは完全に見栄を張る用・ドヤる用のカードとして持つべきですし、そのような使い方なら最大限の効果を得られることは間違いありませんね。

 

審査は年収600万円あれば通る可能性大!

さて、肝心なラグジュアリーカードの審査についてです。

一応ラグジュアリーカードの一番下のランク「チタニウムカード」でも、一般カードのプラチナカードに相当しますので、誰もが持てるカードというわけではなく、ある一定程度の条件をクリアした人が持てます。

まず年収面ですが、日本の平均年収である420万円ではさすがに持つことは難しいです。おそらくですが、最低ラインは年収600万円になると個人的には思っています。

私の友人が2018年9月に年収610万円で申請して何の問題もなく審査に通りましたので、おそらく600万円が境目になっているのではないかと推測できますね。

また、審査されるのは年収だけではなく、持ち家や配偶者の有無、ローンの有無など様々あります。

その中でも大きく審査に関わってくるのが、「クレヒス」と呼ばれるクレジットカードのヒストリー、つまり、これまでのカードの利用履歴ですね。

過去に滞納したことはないか?毎月のように買い物をしているか?

この辺りはクレジットカード会社などで共有している信用情報機関などに照会すれば簡単にわかりますから、過去に支払いが滞ったことがあったり、破産してブラックリストに載っていたりすると、なかなか審査に通るのは難しいと思います。

そして、年齢は20歳以上であれば申し込めますので、その辺は若い方でも安心して申し込んでいいですね。

仕事は安定しているとされる公務員や大企業に勤めているなら審査に通る可能性は高いですが、最近では個人事業主も増えてきていることもあり、普通に個人事業主にも発行されていますので、全然自由業などの方でも問題ないかと思います。

(フリーターやアルバイトはなかなか厳しいものがあると思います)

ちなみに、先程例に挙げた私の友達は年齢27歳で個人事業主ですし、私もまだ日が浅い個人事業主です。

結論としては、年収600万円以上で過去に滞納なくしっかりクレジットカードを使ってる人であれば、審査に通る可能性は高いと思われますので、その辺がOKなら恐れることなく挑戦してみることをお勧めしますね!

公式サイト:ラグジュアリーカード

審査の詳細は以下参照

 

まとめ

繰り返しになりますが、金属製カード「ラグジュアリーカード」は間違いなくドヤれますし、カードを見た相手からは「おぉ〜」という反応を受け、確実に気持ちよくなれるカードです(笑)

ですので、もし「会計の時くらいは見栄を張りたい」だったり、ドヤってやりたいという人がいましたら、ぜひ手に入れてみるといいと思いますね。

年会費は5万円しますが、コストパフォーマンスはとても良いカードになっていますので、背伸びしてみるのもいいのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました