三井住友VISAカードのアフィリエイト広告を扱うASPを紹介

アフィリエイト

今回は三井住友VISAカードのアフィリエイト案件と提携することができるASPを紹介していきますが、現在提携可能なASPは全部で4つあります。

そのほとんどのASPが大手で、アフィリエイトをやっている方ならすでに登録して利用していると思いますので、登録している方はそのまま提携申請し、まだの方はまずはASPに登録してから提携申請となります。



三井住友VISAカードと提携可能なASP

三井住友VISAカードの案件と提携することができるASPは以下の4社になります。

JANet

A8.net

バリューコマース

TGアフィリエイト

ご覧の通り、どこもわりと大手で多くの方が利用しているASPです。

基本的に三井住友VISAカードの1件あたりの報酬は4社いずれも同じ額になっていまして、ちょうど3,000円。高額とまではいきませんが、1件3,000円の報酬はありがたいですね。

それでは、4社それぞれ紹介していきます。

JANet

JANetはASPのなかでも割と有名な部類に入るASP。

サイト画面自体はとても簡素ですが、クレジットカード案件も多く、ほかにも様々なジャンルの案件が揃っていますので、ここは登録しておく価値あります!

現在のところ、三井住友VISAカードの案件はクローズド化されていませんので、こちら側から気軽に提携申請することが可能です。

また、提携する際にはサイトがチェックされることが明記されていますので、しっかりとしたサイトでなければ審査に通ることは難しいです。

紹介する準備を整えた上で提携申請することをおすすめします!

公式サイト:JANet

 

A8.net

A8.netはおそらくほぼ全員が登録しているASPですね^ ^

紹介するまでもないですが、膨大な案件を取り扱っていますので、アフィリエイトをやるならまず最初に登録しておきたいASPになります。全ジャンルの案件が豊富に揃っており、大抵の案件はここで見つけられるはず!

A8.netが嬉しいのは、1つのサイトである案件の提携審査に通ってしまうと、ほかの登録しているサイトでもその案件の広告を貼ることができるので、提携審査は1回限りで良いのはありがたいですね。

こちらも三井住友VISAカード案件はクローズド化されておりませんので、いつでも提携申請することは可能です。

公式サイト:A8.net

 

バリューコマース

バリューコマースは老舗のASPで、こちらもおそらくほとんどの方がすでに登録していると思います。

表記されているのを見ると、2007年から三井住友VISAカードの案件を扱っていることがわかります!2007年!!!まだアフィリエイトの存在なんて知らない頃です^^;

クレジットカードでは、ほかにもアメックス(アメリカン・エキスプレス)の案件がある数少ないASPになりますので、クレジットカード系のサイトを持っているのでしたら登録は必須です!

こちらもクローズド化はされておらず、提携申請することは可能ですが、ほかと同様に厳しめの審査が待っていますので、まずはしっかりとしたサイト作成を心がけましょう。

公式サイト:バリューコマース

 

TGアフィリエイト

楽天系のASPであるTGアフィリエイト。

こちらもクレジットカードを含め様々なジャンルの案件がたくさん揃っています。

が、サイトを登録する段階のハードルが高く、審査は結構厳しめ!しっかり記事を書いていたとしても、審査に通らないことも多々あり、初めたばかりの方などは登録すること自体が難しいと思います。

そしてそれに加えて、案件の審査もありますので、TGアフィリエイトはほかのASPと比べると難易度は高いのは間違いないですね。

公式サイト:TGアフィリエイト



紹介する上での注意点

三井住友VISAカードを紹介する際に、注意点がいくつかあります。

まず、成果の対象となるカードは全てではなく、以下に挙げる12種類のみですので、訴求するならこの中のカードで訴求する必要があります。

・三井住友VISAクラシックカード
・三井住友VISAクラシックカードA
・三井住友VISAアミティエカード
・三井住友VISAエグゼクティブカード
・三井住友VISAゴールドカード
・三井住友VISAプライムゴールドカード
・三井住友VISAクラシックカード(学生)
・三井住友VISAクラシックカードA(学生)
・三井住友VISAアミティエカード(学生)
・バーチャルカード(※単独での申込の場合のみ)
・三井住友VISAカード「エブリプラス」
・三井住友VISAデビュープラスカード

上記以外のカードを紹介したとしても、報酬にはなりません。

そしてもう1つ大事なのが、「VISA」ブランドのカードのみが報酬の対象でして、例えば「master」ブランドのカードが発行されたとしても、残念ながら報酬にはならないのです。あくまで、「VISA」ブランドで先程挙げた12枚のみになります。

広告表現について

訴求する際に書く文章については、特に気をつける必要があります。

書いてはいけない文言も決められていますし、もし違反してしまうと提携解除や報酬没収等の措置が取られることがあります。また、「修正してください」と広告主から修正依頼が入ることも度々ありますので、その都度文章を書き直す必要もあります。

一応、バリューコマースに書かれている三井住友VISAカード案件の「広告表現」についての注意事項は以下になっています。

1.お借入を助長するような文言を使用したページおよびサイトへのアフィリエイト広告の掲載は禁止とさせて頂きます。
※例:「審査が甘い」「必ず借りれる」等のPR文言の使用・条件を伴う表記
2.貸付項目(利率、返済方法、担保、回数、期間、遅延損害金利率等)やキャッシング・ローンについての表記は禁止とさせて頂きます。

クレジットカードはキャッシングすることができますが、それを促すような訴求はしてはいけません!

確かに、お金に困っている人に「お金が必ず借りられる」という旨の訴求をすれば、高い確率でカードが発行されるかもしれませんが、それはあくまでお金目当てのカード発行であり、決済目当てのカード発行ではありません。

要するに、このような訴求をしてしまうと、信用のない方々をたくさん集客してしまうことになり、それは三井住友VISAカード側が求める会員とは大きく異なります。

そして、意外とやりがちなのが「審査が甘い」等の文言を使ってしまうこと。たとえ審査が甘いと感じたとしても、それを書くのは禁止です。

「審査が厳しい」なら問題ないと思われますが、「審査が甘い」と訴求してしまうと、それもそれで同じように信用がなく質の低い方々が集まってきてしまいますので、それを避けるためにNGとされています。



まとめ

三井住友VISAカードの広告案件を扱っているASPを4社紹介しました。

クレジットカード関連のワードでGoogleの検索上位を獲得するのは至難の業ですが、上位表示できればそれなりに稼げる案件ですし、まだまだビックキーワード以外のキーワードを狙っていくことで稼げるのも事実です。

特に三井住友VISAカードは認知度が抜群ですし、初めてカードを持つ方にオススメするには最適なカードですので、ぜひ上手く訴求して報酬をゲットしましょう!

タイトルとURLをコピーしました