【年間数万円も節約】スマホ代を安くしたいなら格安SIMに簡単チェンジ!

節約

月々の固定費を下げたい方は結構多いと思います。

固定費を切り詰めている方でも、意外と見逃しているスマホ代

生活に欠かせないスマホの料金ですが、未だに5,000円や1万円以上払っている方がたくさんいますし、未だにドコモ・au・ソフトバンクなどの大手通信会社と契約している方がいます。

しかし、もうだいぶ前から別の選択肢がありまして、現状とサービスはほとんど変わらないのに月々の料金を圧倒的に安くすることができます。

この先ではスマホ代を安くする具体的な方法をできるだけわかりやすく書いていきますので、以下に該当する方は要チェックです!

現在大手通信会社と契約していて、とにかくスマホ代を下げたい方

年間で数万円ほどスマホ代を節約したい方

 

スマホ代をどうやって節約する?

冒頭でだいぶ前から大手通信会社以外の別の選択肢があると書きましたが、それが、最近徐々に利用者も増えてきた「格安SIM」になります。

おそらく名前くらいは聞いたことがあると思いますが、実際に「格安SIMってなに?」って思っている方も少なからずいるのではないでしょうか?

簡単に言いますと、大手通信会社3社(ドコモ、au、ソフトバンク)以外の会社と契約しましょうということです。

格安SIMが登場するまでは、挙げた大手通信会社の3社と契約するしか選択肢がなかったのですが、いまでは他にもたくさんの会社があって、そちらと契約することでスマホ代を劇的に下げられるということになります。

格安SIMの代表的な会社が、テレビCMでもよく流れている「LINEモバイル」や「UQモバイル」、「mineo(マイネオ)」などです。

 

年間どのくらい節約することが可能か?

では、大手通信会社の3社以外の会社と契約することで(格安SIMを使うことで)、一体どれくらい月々のスマホ代が安くなるのか?

それは現在のスマホ代がどれくらいなのかにもよりますが、平均すると大体3,000円〜1万円ほど安くなる方が多いのではないかと推測します。

月に3,000〜10,000円も安くなるということは、年間にすると3万6,000円〜12万円も安くなる計算になり、固定費を大幅に節約できるということになります。

そう、スマホ代だけでも年間これだけ節約できてしまうのです!

以下はざっくり見積もったスマホ代↓

格安SIMの驚きの料金


引用:IIJmio

大手通信会社から格安SIMに乗り換えることで、月々のスマホ代を驚くほど安くすることができます。

上の料金プランは格安SIM「IIJmio」のものになりますが、なんと最安のプランでは月額たったの900円!もちろんこれは電話が出来なかったり使えるデータ通信容量が少なかったするのですが、それでもこの安さです。

また、現在大手通信会社と契約してスマホを使っている場合、おそらく多くの方は月々5〜10GBまでデータ通信できるプランを契約していると思いますが、それと比較して、こちらの格安SIMでは6GBまでデータ通信できるプランはたったの2,220円で利用できてしまいます。

ドコモなどでしたら5,000円以上はするのではないでしょうか?

このような料金設定の格安SIMですから、現在多くの方が大手通信会社3社から格安SIMへと移行しているわけです。

料金は電話の有無とデータ通信容量次第!

格安SIMの料金設定は、主に2つで決まります。

音声通話機能をつけるかどうか

月々のデータ通信容量をどのくらいにするか?

大手3社と契約すると、自動的に電話は使えると思います。

しかし、格安SIMの場合には電話が必要かどうかを契約するときに自分で選ぶことができるのです!

最近、電話を使わない方やスマホを2台持ちしている方も多く、電話を必ずしも必要としていない方がいます。ですので、格安SIMでは電話の有無を選ぶことができ、電話が必要な場合には料金は上がり、いらない場合には使える場合よりも安くなるのです。(大体700円くらいの差がある

また、月々どれだけネットができるのかである「ギガバイト」も自分で選べます

1GB・3GB・5GB・7GB・10GB… など、自分が必要なギガバイトを選ぶことができ、選ぶギガバイトが小さければ安くなり、逆に大きければ料金は高くなります。

格安SIMでは、この2つによって料金が変わりますので、その点理解しておきましょう!

サービス自体は大手3社と変わらない!

格安SIMがすごいのは、大手通信会社と比べて料金が圧倒的に安いにもかかわらず、サービス自体に差がほとんどないということです。

大手3社以外となると「サービスの面で劣っているのかな?」と思うかもしれませんが、実は、格安SIMは大手通信会社3社いずれかの回線を利用していることから、速度が極端に遅かったりすることはないのです!

もちろん、多くの方がスマホを使うお昼の時間帯などにおいては、計測してみると大手通信会社のほうが速度が速い場合もありますが、使えないことは全くないですし、全然気にならないレベルです。

今使っているのとサービスが変わらないのに、スマホ代が数千円〜数万円単位で安くなるということで、もはや切り替えない理由はないですね。

 

なんで格安SIMは安いのか?

では、一体なぜ格安SIMはそんなに安いのでしょうか?

だって普通に考えたら怪しいですよね?通信速度などのサービス内容はほとんど変わらないのに、料金だけが異様に安いのって…。

格安SIMが安いのにはちゃんと理由がありまして、それが下記です。

回線の維持費やメンテナンス費が掛からない

余計なオプションなしで必要最低限なものだけ

回線の維持費が掛からない

理由の1つに挙げられるのが、回線のメンテナンス費・増強費などの回線を維持していく上で欠かせない莫大な費用が掛からないためです。

先程、格安SIMは大手通信会社3社から回線を借りていると書きました。

回線を借りているということは、すなわち回線を独自で持っていないということになりますので、そもそも維持費やメンテナンス費などが発生しないということです。

回線を維持したり定期的にメンテナンスするのはもの凄い金額ですので、それを利用者から回収しなくていいということで、月900円のような驚愕な安い料金を設定することができるのです。

そして一方の大手3社は、利用者からそれらの回線を維持する費用を回収するため、月々の料金を高く設定しています。

いらないオプションがない!

いま大手3社と契約している皆さん、月々送られてくる明細書を隅々まで確認していますか?

そこに請求金額の内訳が書かれていると思いますが、使ってもいないサービスやオプションに300円… 500円とか払っていませんか?いらないオプションは全て外してますか?

私自身も、過去にはありとあらゆるオプションが付けられていて、そんなものを確認することなく長年に渡って必要ないにもかかわらず、500円、500円、500円とたくさん払っていました(T . T)

おそらく、私と同じような境遇な方がいるかもしれません。

格安SIMにはそれらの不必要なオプションはほとんどありませんし、それらのオプションは標準では付いておらず、自ら契約する時に選択するようになっています。

大手3社ですと、契約すると知らずのうちにオプションだらけになっているのですが、格安SIMの場合には自分でネット上で選択していくため、そのような知らないオプションをつけるということはないのです。

よって、オプションをつけないことで、結果的に余計なお金を払わずに済み、スマホ代は安くなるのです。

 

大手3社から格安SIMに変える!

現在大手3社と契約している方で、少しでもスマホ代を節約したいのでしたら、騙されたと思って格安SIMへと移行しましょう!

ここからは大手3社から格安SIMへ移行する手順について紹介していきますが、一見難しそうに思えるかもしれませんが、誰でも簡単に出来ます。

ざっくりした流れとしては、

①契約している大手3社で解約手続きをする

②ネット上で格安SIMを契約する(実店舗なし)

③自宅にSIMカードが届く

④そのSIMカードをスマホに挿す

上記4つの手順で、実際に格安SIMでスマホを使うことが可能に。

すべてのスマホには「SIMカード」というものが挿さっていて、これによって電話ができたりネットが使えたりスマホが使えるのです!

ただ、格安SIMを使う上で、契約した格安SIMから送られてくるSIMカードが使えないスマホがありまして、その辺が少し面倒になることがありますので、以下で紹介していきます。

SIMロックを解除したスマホが必要

大手3社で契約した時に買ったスマホにはSIMロックというものが掛けられており、ほかの会社が発行するSIMカードを使うことができません。

(つまり、新たに契約する格安SIMのSIMカードが使えない…)

SIMロックが解除されたスマホを手に入れるには、

①ネットなどで解除されているスマホを購入する

②格安SIMを契約する際に、端末もセットで購入する

②大手3社のスマホを、その契約している会社でロック解除する

の上記3通りがあります。

いまでは安いスマホがAmazonなどでも売っていますので、適当に買ってきてそれに契約した格安SIMから送られてくるSIMカードを挿すことで、無事に使えるようになります。

また、SIMロックが掛かっていないスマホは、格安SIMを購入する際に端末セットとして購入することが可能です。

そしてもう1つの選択肢として、現在契約している大手3社いずれかの実店舗へ行き、SIMロック解除の手続きを取る方法です。SIMロックを解除すれば、格安SIMのSIMカードも使えるようになります。

なお、解除するには解除料金が数千円かかります。

SIMロックが掛かっていても同じ回線なら問題なし

たとえSIMロックを解除していなくても、同じ回線を使っている格安SIMならそのまま解除することなく使うことができます。

例えば、ドコモと契約していて、ドコモの回線を使用している格安SIMに移行する場合には、そのままロックを解除する必要がありません。その一方で、ソフトバンクの回線を使用している格安SIMに移行する場合には、回線が異なるためSIMロックを解除する必要があります。

〜例〜

現在ドコモのスマホを使用 → ドコモの回線を使用する格安SIM
現在ドコモのスマホを使用 → auの回線を使用する格安SIM ×
現在auのスマホを使用 → ソフトバンクの回線を使用する格安SIM ×
現在auのスマホを使用 → auの回線を使用する格安SIM
現在auのスマホを使用 → ドコモの回線を使用する格安SIM ×

 

移行する際のスマホに関して、上記のことをまとめます。

SIMロックを解除してあるスマホを持っている方

どの格安SIMでも利用可能

SIMロックが掛かっているスマホを持っている方

新たにSIMロックが掛かっていないスマホを買う

SIMロックを実店舗で解除する

同じ回線を使用する格安SIMを選ぶ

格安SIMでも同じ電話番号を使うことができるMNP

大手通信会社から格安SIMに移行する際に、それまで使っていた電話番号をそのまま格安SIMでも使いたい方は多いと思いますが、そこでMNPと呼ばれる携帯電話番号ポータビリティというサービスを利用することで、それが可能になります。

このMNPをするには手続きが必要になります。

手順① 解約する前に大手通信会社で「MNP転出」の手続きをし、予約番号を入手する

手順② ネット上で格安SIMを申し込む際に予約番号を入力する

手続きは主に上記2点のみ。

大事なのは、解約をしてしまうとMNP転出が不可能になり、それまで使っていた電話番号が使えなくなってしまいますので、必ず解約する前にMNP転出の手続きをして、予約番号を手に入れましょう。

また、予約番号には有効期限が決められていますので、あらかじめどの格安SIMに移行するのか決めておくように。格安SIMを申し込む際にMNP予約番号を入力する欄がありますので、そちらのほうに入力。

数ある中から一体どの格安SIMを選べばいい?

さて、肝心な格安SIM選びです。

格安SIMは非常にたくさんありまして、パッと思い浮かぶだけでも10社以上は普通に思い浮かびます。

基本的にどの格安SIMもサービスは同じような感じですし、料金プランに関しても似ていて、実際のところそれほど差があるわけではありません。

ただし、どの格安SIMも微妙に料金も違えば、提供しているオプションなども違っていますので、自分に合う格安SIMを探す必要があります。

おそらくこのページを見ている方の多くは、はじめて格安SIMに移行するのでしょうから、でしたら人気で多くの方が利用している有名どころの格安SIMを選んだおけばOKです!

人気で有名どころ5社

LINEモバイル(ドコモ/au/ソフトバンク)
本田翼のCMで有名。格安SIMなのにLINEでID友達検索ができる

UQ mobile(au)
深田恭子など女優陣が出てるCMで有名。通信業界では超有名

IIJmio(ドコモ/au)
大容量オプションで50GB以上の利用も可能。eSIMにも対応

mineo(マイネオ)(ドコモ/au/ソフトバンク)
500MB〜30GBまでの幅広い料金プランから選べる

BIGLOBEモバイル(ドコモ/au)
YouTube見放題などのエンタメ系のオプションが好評

私自身はこれまで複数の格安SIMを使ってきましたが、現在使っているのがBIGLOBEモバイルになります。

「6GBのプラン」(音声通話付きSIM)に「エンタメフリー・オプション」を付けていて、毎月のスマホ代が合計で2,150円になっています。

もちろん電話すればこれ以上の料金になりますが、それでも3,000円を超えることは滅多にありませんね。

エンタメフリー・オプションは以下対象になっているweb上のサービスがすべて使い放題で、6GBのデータ通信量に反映されません。

YouTube・AbemaTV・U-NEXT・YouTube Kids・Google Play Music・YouTube Music・Apple Music・Spotify・AWA・Amazon Music・LINE MUSIC・radiko.jp・らじる★らじる・dヒッツ・RecMusic・dマガジン・dブック・Facebook Messenger

BIGLOBEモバイルは通信速度もわりと安定して速いですので、個人的にはおすすめできます。

大容量を使う予定があるのでしたらIIJmioがおすすめですし、細かく自分の利用状況に合わせてプランを決めたいのでしたらmineo(マイネオ)がいいと思います。

 

まとめ

固定費(スマホ代)を削りたいのに大手通信会社と契約するという選択肢は今の時代正直あり得ません。

ほぼ同じサービスでなおかつ料金が劇的に安くなるということで、1円でも節約したい方は利用しない手はありませんので、まだ大手3社いずれかと契約している方はぜひこの際に格安SIMへと移行しましょう!

 

関連記事 スマホで50GB以上使える格安SIMを徹底比較

関連記事 たったの月1,880円〜でギガが減らずYouTubeが見放題の格安SIM

タイトルとURLをコピーしました