【愛媛】しまなみ海道(来島海峡大橋など)のドローン空撮【撮影・素材】

瀬戸内海に浮かぶ島々を結ぶ「しまなみ海道」のドローン空撮映像の紹介ページです。

特に、四国本州(今治)と大島とを結ぶ「来島海峡大橋(くるしまかいきょうおおはし)」はこれまで何度もドローンで空撮していますので、映像素材はたくさんあります。紹介するのは「しまなみ海道」のなかでも愛媛県側に位置する以下4つの橋です。

  1. 来島海峡大橋(くるしまかいきょうおおはし)
  2. 伯方・大島大橋(はかたおおしまおおはし)
  3. 大三島橋(おおみしまばし)
  4. 多々羅大橋(たたらおおはし)

このなかで最も有名なのが「来島海峡大橋」で、しまなみ海道の宣伝写真や映像では必ずと言っていいほど使われる橋になります。

 

【空撮素材の使用に関して】

空撮素材は無償での提供が可能ですが、その場合の条件として、クレジット表記が必要になります。(素材の編集(色など)は自由にしてもらって構いません)

また、クレジット表記を入れたくない場合などは有償での提供となり、価格は長さに関係なく1カット10,000円(税抜き)となります。

素材はネット経由(ギガファイル便)でお渡し致しますが、もし指定の納品がありましたら言っていただければ対応可能です。

連絡はTwitterのDMかメールにお願い致します。

📲 @mou1ion(twitter.com/mou1ion)

📩 ayoayoayochan@yahoo.co.jp

 

【撮影も対応可能】

しまなみ海道の映像で、「こんな構図の映像をほしい」「こんな天気でこの時間帯の映像がほしい」等のご希望があれば、新たに撮影することも可能ですので、お気軽におっしゃってください。

ご希望をおっしゃっていただければ、条件に合う映像を個人的に現地へ出向いて撮影してきます。あえて同行しなくても問題ございません。

 

来島海峡大橋

「来島海峡大橋(くるしまかいきょうおおはし)」は、まさにしまなみ海道を代表する橋で、テレビ映像やポスターなどの写真においてもっとも多く使われる有名な橋になります。

四国本島(今治)と大島(今治)を結ぶ全長4105mの長橋になりまして、3つの長い橋梁によって構成されている世界初の3連吊橋でもあります。

橋の途中には「馬島(うましま)」があり、徒歩や自転車・原動機付自転車でのみ上陸することが可能。(海上からは船で行けます)

来島海峡大橋の場所

しまなみ海道全体では、もっとも四国本島寄りに位置しています。

来島海峡大橋の映像

撮影場所来島海峡大橋 
撮影機材Mavic Mini
解像度2.7K(2720×1530)30fps
販売価格¥10,000(税抜き)※1カット

DJI社製の重量199gのドローン(模型航空機)「Mavic Mini」と呼ばれる機体にて、水面から250m上空まで飛ばして撮影した映像になります。

法律上、重量200g未満のドローンは「模型航空機」に分類され、条件を満たしていれば許可なしに上空250mまで飛ばすことが可能です。

来島海峡大橋周辺の空域は、空港の制限表面にも該当しておりませんし、航空機の航空路にも該当していないことから、許可なしに250mまで飛ばすことができます。

(※松山空港事務所に確認済み)

通常のドローンでは特別な許可なしに撮影できない高高度からの映像になっており、来島海峡大橋の全体を映像に入れることができました。

その他「来島海峡大橋」の映像

これらの映像はMavic 2 ZoomやMavic Airで撮影しています。

 

伯方・大島大橋

「伯方・大島大橋(はかたおおしまおおはし)」は、大島と見近島を結ぶ「大島大橋」と、見近島と伯方島を結ぶ「伯方橋」の総称になります。

全長は1230mで、途中の「見近島(みちかじま)」は無人島でキャンプ場があります。なお、徒歩や自転車、原動機付自転車のみ上陸することができる島です。

伯方・大島大橋の場所

しまなみ海道で、愛媛(今治)側から数えて2番目の橋になります。

伯方・大島大橋の映像

撮影場所伯方・大島大橋
撮影機材Mavic Mini
解像度2.7K(2720×1530)30fps
販売価格¥10,000(税抜き)※1カット

DJI社製のドローン「Mavic Mini」(重量199g)で撮影しました。

伯方島・大島の両側から撮影。一番最初のカットは「見近島」の木々を抜けて橋を映しています。

 

大三島橋

大三島橋(おおみしまばし)は伯方島と大三島と結んでおり、全長328mのアーチ型の橋になります。ほかの橋を比べると比較的短く、普通の橋とそこまで変わらないことから、しまなみ海道を代表する橋ではありません。

大三島橋の場所

しまなみ海道で、愛媛(今治)側から数えて3番目の橋になります。

大三島橋の映像

撮影場所大三島橋
撮影機材Mavic Mini
解像度2.7K(2720×1530)30fps
販売価格¥10,000(税抜き)※1カット

DJI社製ドローン「Mavic Mini」で撮影しています。

 

多々羅大橋

「多々羅大橋(たたらおおはし)」は、愛媛県の大三島(今治)と広島県の生口島(尾道)を結ぶ全長1480mの斜張橋になります。

1998年に「全建賞道路部門」と「土木学会田中賞作品部門」で受賞しており、全国的にも大変評価されている橋です。

昼間の景色ももちろん綺麗ですが、夕日の時間帯もとても綺麗。個人的には「来島海峡大橋」に次ぐ、撮り甲斐ある橋になります。

多々羅大橋の場所

しまなみ海道で、愛媛(今治)側から数えて4番目の橋になります。

多々羅大橋の映像

撮影場所多々羅大橋
撮影機材Mavic Mini
解像度2.7K(2720×1530)30fps
販売価格¥10,000(税抜き)※1カット

DJI社製のドローン「Mavic Mini」で撮影しています。

大三島と生口島の両側から撮影し、ちょうど時間帯が夕方だったので、綺麗な夕日をおさめることができました。昼間も夕方もとても絵になる瀬戸内海の映像を撮ることができます。

 

映像使用・撮影依頼の連絡はこちら

連絡はTwitterのDMかメールにお願い致します。

📲 @mou1ion(twitter.com/mou1ion)

📩 ayoayoayochan@yahoo.co.jp

タイトルとURLをコピーしました