愛媛県にあるドローンのおすすめ撮影スポットを紹介

ドローン
  • 愛媛でドローンを飛ばせる場所が知りたいんだけど!
  • おすすめの撮影スポットはどんなところがあるの?
  • 愛媛で飛ばしちゃいけない場所ってあるの?どこ?

ドローンを始めたての頃ならこのような疑問があると思います。

わたしは愛媛でドローンを飛ばしており、これまで色々な場所を訪れ、たくさんの映像を撮ってきました。この記事では、実際にわたし自身がドローンを飛ばしたおすすめの撮影スポットについての紹介と、条例で飛ばしていけない場所について紹介できればと思います。

ドローン空撮は、被写体さえ良ければわりと簡単に誰でも素晴らしい映像を撮ることができますから、ぜひ紹介するスポットを参考に、ほかの人とは違う角度からの映像を撮ってみてください。

松山市と東温市の飛ばしていけない場所について解説し、愛媛のドローン事情についても少し書き、最後に愛媛のおすすめ撮影スポットを30ヶ所ほど紹介します。

愛媛県のドローン規制は?

愛媛が県として独自に設けているドローンに関する規制は特別ありません。

東京みたいに都道府県単位で「都立公園では全面ドローン飛行禁止」みたいなものはありませんが、市町村レベルでは設けていることがありますので注意が必要です。

ここでは松山市と東温市の規制を紹介していきます。それ以外の市町村に関しては各自ネットや電話等でご確認ください。

 

松山市のドローン規制は?

ドローンやラジコン等の使用について

都市公園で重量に関わらず、ドローンやラジコン等の無人航空機・模型航空機を飛ばす行為は、落下及び衝突により他の公園利用者に怪我をさせる危険性があるとともに、公園施設を破損するおそれもあることから、松山市都市公園条例第6条の「その他都市公園の管理上支障があると認められる行為」として禁止します。

ただし、公園内で映像等を撮影する場合に、事前に申請を行い小型無人飛行機(ドローン等)の使用を許可することもあります。詳細については公園緑地課までお問い合わせください。

引用: https://www.city.matsuyama.ehime.jp/shisetsu/koen/riyou-iji/kouenriyou.html

松山市では市内にある都市公園でのドローン飛行は禁止しています。

これは重量問わず禁止されていますので、200g以上の「無人航空機」であろうと、Mavic Miniなど200g未満の「模型航空機」であろうと、一切飛ばすことができません。

「でも許可があれば飛ばせるんでしょ?」

こう思うかもしれませんが、引用元に書いてあるように、事前に申請を行った上でドローン飛行が許可されることもあるようですが、個人の趣味目的ではどうでしょう…。例えば、テレビ局の撮影とかそれなりの理由があれば時間指定などがあった上で許可されることもあると思います。

また、これはうる覚えですが、以前公園緑地化に電話した際には「城山公園」と「松山総合公園」の2ヶ所のみ許可してると話していたと思いますので、この2ヶ所以外の公園では一般人には許可は下りないのではないかと思います。

「公園ではドローンはすべて飛ばせない」と覚えておけばOK!

 

東温市のドローン規制は?

ドローン・ラジコン機等の無人航空機の使用について

都市公園内でドローン・ラジコン機等の無人航空機を飛行させる行為については、無人航空機の重量に関わらず、落下及び衝突により他の公園利用者に怪我をさせる危険性があるとともに、公園施設を破損するおそれもあることから、東温市都市公園条例第5条の「都市公園の管理上支障があると認められる行為」として原則禁止しています。ご理解とご協力をよろしくお願いします。

引用: https://www.city.toon.ehime.jp/soshiki/17/1220.html

お隣に位置する東温市も、松山市と同じように市内にある都市公園でのドローン飛行は重量にかかわらず一切禁止しています。

よって、東温市にある公園(東温市総合公園など)での飛行はNGです。「人もいないし大丈夫でしょ」と勝手に判断して飛ばしている人もいるようですが、それはいけませんね!

このあと紹介しますが、東温市は公園以外に魅力的な撮影スポットがたくさんありますよ。

 

愛媛のドローン事情

愛媛の(個人的に思う)ドローン事情を少し書いていきたいと思います。

まず、他県と比べると様々な面で非常に飛ばしやすい環境になってます。

  1. 人が少なく監視の目がない
  2. ドローン人口が少ない=目立った事故なし
  3. 海や山へのアクセス抜群で練習環境がある
  4. 魅力的な被写体が多数!

人が少なく監視の目がない

ドローンを飛ばす際に気になるのが周囲の人の存在です。

もちろん「安全面」としても人がいると気になりますが、それよりも個人で飛ばしている場合には、特に「周囲にいる人の目」が気になります。どうしてもドローンに対して悪いイメージを持っている人がいますし、こちら側も一般人はそういうイメージを抱いているんだろーなと思ってますから、出来るなら誰もいない場所で飛ばしたいのが本音です。

以前、神奈川県の海で平日の昼間に飛ばしたことがあるのですが、正直、人が沢山いすぎて(徘徊散歩してる年寄りが多い)全然飛ばせません^^;

それに比べて、愛媛はどうでしょう?

まず、圧倒的に人がいません!休日には多少は増えますが、平日の海岸なんて行ってもほとんど誰もいませんので飛ばし放題です。川でも、通り過ぎる人がいるくらいで、ほとんど誰もいない状態がずっと保たれてます。

人が少なく監視の目もないということで、気軽に飛ばすことができますし、都会みたいにいきなり通報されることもないですから、安心して飛ばすことができます♪

 

ドローン人口が少ない=目立った事故もない

愛媛はそもそもドローンをやってる人が圧倒的に少ないです。

これまで赤の他人が飛ばしてるところを一度も見たことがないですし、FISSなんかを見ていても1日1件あるかないかとか、そのくらいのレベルです…。業者もそこまで多くないですし、趣味でやってる人もYouTubeを通して何人かいることは知っていますが数えるほどです。

少ないこともあって、県内で目立った事故もこれまで起きてないと思います。一般の人で初めて実物のドローンを見る人も多く、それ故「ドローン=悪」というよりも、わりと興味関心を持っている人が多いと感じますね!

ドローン人口が少ないことでほかの人とバッティングすることもないですし、あまりあーだこーだ言ってくる人もいませんので、撮った動画をUPすることに関しても、ビクビクせず投稿できます^ ^

 

海や山や川のへのアクセス抜群で練習環境がある

ドローンを始めた頃は、やはり近場に練習場所があるかどうかは非常に重要です。

都会なんて練習しに行くのに1時間以上掛かるとか普通にありますし、屋内でお金を払って練習なんていうこともあって、たかだか練習するだけで一苦労。

ところが、愛媛の場合には人がいない海や山、川がすぐ近くにありますので、自宅から数分で練習できる場所まで行ける人がほとんど。少なくとも数十分あれば確実に飛ばしに行けます!

基本的に飛ばしてOKな場所が多いですし、飛ばせる範囲が広いわで飛ばし放題です♪

 

魅力的な被写体が多数!

愛媛は素晴らしい被写体がたくさんあります。

それらはこの先で紹介しますが、見応え抜群の滝もあれば、お城もあれば、しまなみ海道もあれば、電車も撮れるわ、船も撮れるわ…

やっぱりドローンで空撮するなら魅力的な被写体がないと寂しいですから、たくさん撮影スポットがあって、さらに人が少なく気軽に飛ばせる愛媛は本当に最高の環境ということです。

ドローンのおすすめ撮影スポット

愛媛にあるドローン撮影におすすめのスポットを30ヶ所ほど紹介していきます。

冒頭でも書いたように、わたし自身が実際に飛ばしに行った場所で、撮影&編集した映像も載せていますので、大体どんな感じの場所でどんな感じに撮ろうかなど、参考にしてみてください!

どこも本当に素晴らしい絵が撮れます♪

紹介する許可関連のことはあくまで私自身が飛ばした時の情報です。情報が古くなっている場合がありますのでご注意下さい。また、ここで書く許可関連のことは「地権者への許可」のことです。これとは別に、必要に応じて国土交通省の飛行許可が必要になります。

白猪の滝

名称白猪の滝(しらいのたき)
所在地愛媛県東温市河之内
電話番号089-964-4414(東温市役所 産業創出課)
備考・許可産業創出課、皿ヶ嶺連峰県立自然公園のどちらも問題なし

東温市にある白猪の滝。ここは寒い冬の時期に数回程度氷瀑を見れることで有名ですが、最近は温暖化のため滝全体が凍ることはあまりありません。春・夏は緑の木々に覆われ、秋には滝のまわりを彩る綺麗な紅葉が広がり、それらを上空から撮影することができます!

ドローンは最初GPSが入らないのでしばらく待機する必要あり。待っているとGPSが入り上昇できるようになります。(ATTIモードが選べる機体であれば問題なし)

滝は二段になっていて、上の段の滝のほうが綺麗ですので撮り甲斐あります。あまり滝に近づきすぎると肉眼では見えにくい小さな枝があるので要注意です。

ここは観光客が定期的に来るため、ほかの人がいたら飛ばさないなど配慮して飛ばしましょう!

 

 

御来光の滝

名称御来光の滝(ごらいこうのたき)
所在地愛媛県上浮穴郡久万高原町若山(国有林内)
電話番号089-924-0550(愛媛森林管理所)
備考・許可国有林のため、1週間前までに愛媛森林管理所に入林届を提出する必要あり

約100mの落差がある立派な滝。

滝まで行くには、石鎚スカイラインの「長尾尾根展望所」から片道約3時間の登山になります。道が崩落していたりして荒れているため、中・上級者向けとなっており、初心者がひとりで行くのは避けたほうがいいと思います。

ここもGPSが最初は入りにくいですので、滝の前の大きな岩(両サイドからちょうど真ん中付近)から飛ばしてしばらくホバリング。数分すると上昇に必要なGPSを捕捉します。

落差があり見応えがある滝ですので、遠くから撮ったり接近したり色々な角度から撮れます。滝に近づきすぎるとGPSが入らなくなり、操作が危うくなりますので注意が必要です。

また、ここの滝は午前中に行くことをおすすめします!滝が南に向いているため、晴れた日の午前中には滝に架かる虹が見れてとても綺麗です。「滝×虹」はなかなか貴重ですので、ぜひ上空からドローンで撮っておきたいですね♪

 

 

白糸の滝

名称白糸の滝(しらいとのたき)
所在地愛媛県東温市上林
電話番号089-964-4414(東温市役所 産業創出課)
備考・許可周囲の人に気をつけて飛ばせば飛行可能(産業創出課)

東温市の上林地区にある滝。

観光客はほとんど来ませんので、ほぼ独占してドローンを飛ばすことができます。規模は小さく細長い滝ですが、一番下から撮るとなかなかいい感じの絵が撮れると思います。

飛ばせる空間は比較的狭いですので、木の枝に引っ掛けないよう最大の注意が必要です。滝の真上は基本的に枝がないので、操縦に自信があるなら、低空飛行で滝をずっと上っていくのもアリ。

 

 

井内 御来光の滝

名称井内 御来光の滝(いうち ごらいこうのたき)
所在地愛媛県東温市井内
電話番号089-964-4414(東温市役所 産業創出課)
備考・許可周囲の人に気をつけて飛ばせば飛行可能(産業創出課)

東温市の井内地区にあるマイナーな滝。

交通機関でのアクセスは悪く、もし行くなら車やバイクで行くことをおすすめします。この「井内 御来光の滝」の近くにもう一つ「琴の滝」という滝がありますので、一度に2つの滝を撮れます。

どちらも想像以上に立派な滝で、「井内 御来光の滝」は段々になっていて見事なものです。GPSも全然入りますから、安心して操作することが可能です!可能なら滝を下から上へ超低空で飛ばすと迫力ある映像が撮れますよ。

 

 

唐岬の滝

名称唐岬の滝(からかいのたき)
所在地愛媛県東温市河之内
電話番号089-964-4414(東温市役所 産業創出課)
備考・許可周囲の人に気をつけて飛ばせば飛行可能(産業創出課)

わりと地元民でも知らない人が多い超マイナー滝で、だいぶ人里離れた山のなかに隠れるようにして存在する滝です。「白猪の滝」に行く道をさらに上っていく必要があります。

車を停めてからは10分くらい歩きますが、急登がありますので、行きは問題ないですが帰りは少しキツイです。(体力に自信がないひとにはキツイかも…)

ほかでは見れないような少し変わった流れの滝で、「優美」という言葉が当てはまります!

ドローンを飛ばせる空間は狭く、飛ばすなら滝の近くから飛ばすしかありません。森のなかからも飛ばせますが、わずかに空いた枝と枝の間を通して上昇させる必要があるのでヒヤリとします(汗)

 

佐田岬灯台

名称佐田岬灯台(さだみさきとうだい)
所在地愛媛県西宇和郡伊方町正野
電話番号0894-38-0211(伊方町役場 産業建設課 観光商工室)
備考・許可第三者に気をつけて飛ばせばOK(伊方町役場 産業建設課 観光商工室)

愛媛のみならず日本一細長い「佐田岬」の先端にある灯台。

駐車場からはアップダウンを繰り返して歩いて向います。体力がない方はキツイ思いをするはず。

灯台を被写体にして撮影する際には、定番のノーズインサークルをすれば綺麗な映像が撮れます!また、岬感を出すには、海側からできるだけ高度を上げることで良い感じの絵が撮影可能。

重量200g未満の「模型航空機」であれば、灯台周辺は上空250mまで許可なく高度を上げることができ、それこそ細長く続く岬を撮ることができますので、持っている人には強くおすすめです。

灯台周辺は空間がとても広いですので、思う存分飛ばせます!

 

 

大洲城

名称大洲城(おおずじょう)
所在地愛媛県大洲市大洲
電話番号0893-24-1146(大洲城管理事務所)
備考・許可営業時間前に撮影許可してくれましたが、現在の対応は不明

大洲のシンボルにもなっている大洲城。

わたしの時は開館前に撮らせてもらいましたが、いまどういう対応をしているのかは不明です。お城に泊まれるようになりましたから、ひょっとしたらもう撮らせてくれないかもです。撮影希望の方は大洲城の管理事務所に連絡してみましょう!

もし撮れるのなら、大洲城の下を流れる肱川から一気に高度を上げてくるショットはなかなか面白いですし迫力ある映像が撮れると思います。

ちなみに、肱川は飛ばしてOKでして、お城の許可が貰えなくても肱川側からは飛ばせます!お城の敷地内へは入れないですが、川からでも充分いい絵は撮れます。(肱川を含め、お城周辺はすべてDID地区になっていますので、無人航空機を飛ばす際には国土交通省の許可は必要です

 

 

御三戸嶽

名称御三戸嶽(みみどだけ)
所在地愛媛県上浮穴郡久万高原町仕出
電話番号0892-21-1111(ふるさと創生課)
備考・許可飛行可能です(ふるさと創生課)

意外と撮り甲斐あるのが、読み方が難しいここ「御三戸嶽」です。

軍艦岩とも言われており、自然が作り出した芸術作品を間近で撮ることができます。尖った岩はもちろん、「どうやってこうなった?」と思うほど突き出た奇岩はぜひ撮っておきたいところ!

秋は木々が色づいてより一層綺麗になりますし、雪の時も素晴らしい光景が見られます。

遠目から、近場から、上から、下から、右から、左から…など様々な角度から撮れるので、練習がてらじっくり飛ばせる場所でもあります。空間も広いですので、ぜひ普段できないような難しい操作の練習をするのもアリですね♪

 

石鎚山

名称石鎚山(いしずちさん)
所在地愛媛県西条市(国有林内)
電話番号089-924-0550(愛媛森林管理所)
備考・許可国有林のため、1週間前までに入林届を提出する必要あり

西日本最高峰の石鎚山の山頂でもドローンを飛ばすことができます。

しかし、山頂の一部は石鎚神社の敷地になっておりドローンは禁止とされています。具体的には頂上社がある「弥山(みせん)」、そして山頂までの登山道(ロープウェイコース・土小屋コース)も石鎚神社の敷地となっており、飛行禁止です。

よって、飛ばすには弥山から「天狗岳」や「南先鋒」のほうへ移動し、石鎚神社の敷地に入らない形で飛ばす必要があります。

山頂は高度が高いので突風が吹きやすく、風には要注意!さらに、山頂は切り立っていますので、高度にも十分注意する必要があります。(ここは200g未満の「模型航空機」でも150mまでしか飛ばせません)

晴れの日は絶景ですし、雲海があっても絵になりますので、ここはぜひ一度はドローンで撮っておきたい場所ですね。

 

 

UFOライン(町道瓶ヶ森線)

名称UFOライン(町道瓶ヶ森線)
所在地愛媛県西条市・高知県いの町の県境(国有林内)
電話番号088-821-2051(四国森林管理局 保全課)
備考・許可国有林のため、1週間前までに入林届を提出する必要あり

車のCMでも使われた絶景のUFOライン!

障害物もなく、絶景のなかドローンを思う存分飛ばせます。実際、週末にもなれば車やバイクが続々とやってきて、申請することなくびゅんびゅんドローンを飛ばしている人もいます。

ここは国有林になっていますので、重量関係なく、飛ばすには事前に入林届を提出する必要があります。愛媛と高知の県境でもあるので、入林届は「四国森林管理所」へ提出することになっており、詳しくは以下の記事で詳しく書いていますのでそちらをチェック!

UFOラインはこれまで色々訪れたなかでも一番の絶景といっても過言ではないですので、ぜひ申請を済ませて、「絶景のなかを走る車」でも撮りに行ってみてはいかがでしょうか?

完全に曇りだったり雨でなければ、最高の映像が撮れますよ。

 

 

面河ダム

名称面河ダム(おもごだむ)
所在地愛媛県上浮穴郡久万高原町笠方
電話番号0892-21-1111(久万高原町役場 ふるさと創生課)
備考・許可ふるさと創生課が現地ダム管理者へ確認し、飛行OKとのこと

久万高原のはずれにある面河ダム。

何もないだだっ広い湖にあるダムで、とりわけ良い被写体というわけではないですが、秋には綺麗な紅葉が見れますので撮り甲斐はあります!

あとは本当になにもないですので、まぁ秋以外は練習がてら行ってみるのはありですね。

 

四季彩橋

名称四季彩橋(しきさいはし)
所在地愛媛県上浮穴郡久万高原町笠方
電話番号0892-21-1111(久万高原町役場 ふるさと創生課)
備考・許可ふるさと創生課が現地ダム管理者へ確認し、飛行OKとのこと

面河ダムの北側には四季彩橋と呼ばれる、支柱が一切ない白い橋が架けられています。

全国的にも珍しいらしく、確かにあまりこのように支柱がない吊り橋は見たことがありません。ただの橋ですが、橋の下をくぐったりすると魅力的な映像が撮れます。

もし可能なら、ひとが歩いているシーンを撮るのはいいかもしれまん。橋だけだと物足りませんし、そこに動く被写体があればさらに良い映像になると思います。

 

しまなみ海道

名称しまなみ海道(来島海峡大橋ほか)
所在地愛媛県今治市
電話番号0898-32-2882(今治海上保安部管理課)
備考・許可航行する船舶に気をつけて撮影可(65m以上)

愛媛と言えば「しまなみ海道」ですが、全国的にもここまで大きな橋は珍しいですので、愛媛でドローンを飛ばすなら是非撮っておきたい建造物です。

一番はやはりメインの「来島海峡大橋」でして、壮大でついずっと撮っていたくなります。わたしも過去に5回以上は撮ってます。また、ここは「しまなみ海道といえば!」の橋ですから、よくテレビ局からも映像使用の依頼がきます。(YouTubeにUPしてれば依頼が来るかも!?)

さらに、ここは初代Mavic Miniなど重量200g未満の「模型航空機」であれば上空250mまで許可なしで飛ばせますので、高度感のある橋全体を映像がおさめられます。

 

 

そのほかにも個人的には「多々羅大橋」はおすすめです!

こちらも「しまなみ海道」の映像としてはよく使われている代表的な橋で、まわりに障害物もないことから飛ばしやすいです。夕方には綺麗な夕日も期待できます。

来島海峡大橋とセットで撮影して一緒に編集してひとつの動画にするといいですね。

 

大川嶺

名称大川嶺(おおかわみね)
所在地愛媛県久万高原町・内子町(国有林内)
電話番号089-924-0550(愛媛森林管理所)
備考・許可国有林のため、1週間前までに入林届を提出する必要あり

観光客はおろか誰もひとがいない穴場スポット。

大パノラマが広がっており、ドローンを飛ばすには最適な環境です。国有林のため入林届を提出する必要があり、そこが唯一面倒ではありますが、それさえクリアしてしまえば思う存分飛ばすことができます。

初夏にはミツバツツジの群生が見れ、秋にはススキが見れてとても綺麗ですので、おすすめはその2つの時期になります。わたしは時期を外してしまいましたが、次行くなら間違いなく綺麗な時期に行きますね^^;

その時期以外はあまり行く必要は・・・(笑)

 

滑川渓谷

名称滑川渓谷(なめがわけいこく)
所在地愛媛県東温市明河海上
電話番号089-964-4414(東温市役所産業創出課)
備考・許可一般人に気をつけて飛行可能(産業創出課)

自然が創り出した素晴らしい渓谷が撮れる滑川渓谷。

最終目的地の滝(奥の滝)までは徒歩で川沿いをずっと歩いていきますが、その途中も、滑らかに流れる川や自然が創り出した穴(甌穴)を撮影できます。

ただ、木々に覆われている箇所が多いため、飛ばす際には細心の注意が必要です。一番奥の滝では、なかなかGPSを拾いませんので上昇させるのが難しいです。(しばらく待っていれば拾う)

また、ここは水量が多いほうが絵になりますので、雨が降った翌日なんかに行くことをおすすめします!晴れが続いてカラカラだと滝の水量が全然なく魅力半減です(T . T)

 

 

波妻の夫婦岩

名称波妻の夫婦岩(はづまのめおといわ)
所在地愛媛県松山市大浦
電話番号
備考・許可飛行できます

地元ではまぁ有名な波妻の夫婦岩。干潮になると夫婦岩のところまで歩いて行け、その裏には綺麗なビーチも出現します。2つの岩同士綱が掛けられているはずですが、現在は掛けられてません。

ここは夕日が抜群に綺麗ですので、ぜひ夕方行くことをおすすめします!マジックアワーもとても綺麗な色が出ることが多いですので、写真の撮影にも最高のスポットです!

 

湧ヶ淵

名称湧ヶ淵(わきがふち)
所在地愛媛県松山市末町
電話番号089-977-1111(奥道後 壱湯の守)
備考・許可ホテルの露天風呂があるため、10-15時で撮影可能

松山の奥道後にひっそり存在する湧ヶ淵。

全体的に廃れていますが、竹藪のなかに赤い橋が残されていたりして、とても写真映えする箇所があります。また、この下には川が流れていて渓谷になっていますので、そちらも撮影可能。

渓谷の規模こそは大きくないですし、障害物も多ければ空間も広くないので飛ばしづらいですが、市内からすぐの距離でこのレベルの自然が撮れるのは素晴らしいですね。小さいですが滝なんかもありますので、練習がてら撮ってみるのもありです。

ただし、目視じゃないと危ないですし、空間が狭いことから墜落の危険がありますので、飛ばす際には要注意です!

 

 

能島

名称能島(のしま)
所在地愛媛県今治市
電話番号
備考・許可飛行できます

瀬戸内海には大小問わず様々な無人島がありますが、ここ「能島」には能島城跡があり、昔は村上水軍が拠点にしていました。島のまわりは潮の流れが速く、潮流体験などもやっています。

年に数回上陸できるようですが、普段はまわりから見るだけとなります。

お城跡なので、目立った建物等はありませんが、無人島ということで周囲から島を撮影することができます。時間帯によっては素晴らしい潮流が目で見てはっきりわかりますので、それと島を一緒におさめることで、雰囲気ある映像が撮れます♪

また、春には島内に綺麗な桜が咲いてめちゃくちゃ綺麗です!

 

夫婦岩(玉理・寒戸島)

名称夫婦岩(玉理・寒戸島)
所在地愛媛県松山市北条辻
電話番号
備考・許可飛行可能です

愛媛にある鹿島から沖に1kmもしないところにも夫婦岩があります。

岩の上にはミニ鳥居も建てられていますので、そこをノーズインサークルなどでクルクルまわるのもアリですし、鹿島とセットで撮影するのもいいですね!

離発場所からは少し離れていますので、事前に風の状況をしっかり把握してバッテリー切れがないように注意する必要があります。また、Mavic Miniなどで低空で飛ばすと電波が乱れることがありますので、高度にも要注意です。

 

白石ノ鼻

名称白石ノ鼻(しらいしのはな)
所在地愛媛県松山市高浜
電話番号
備考・許可飛行可能です

高浜(松山観光港)から北上したところの海に岩が積んであり、遠くから見たり映像で見るとそうでもないですが、近くで見るとその大きさに驚きます。一体どうやって岩が積み上がったのが不思議で仕方ありません…。

普通に岩を中心にぐるぐるまわるのもアリですし、ズームをして撮ることで背景がグッと近づき、より岩を強調した絵が撮れます。

 

モンチッチ海岸

名称モンチッチ海岸
所在地愛媛県松山市北条
電話番号089-941-1111(中予地方局建設部)
備考・許可飛行可能です

地元で人気の海岸で、映像にあるように晴れの日の海の透明度は抜群です!また、ここから見る夕日はとてつもなく綺麗ですので、ぜひ昼間と夕方に撮影することをおすすめします。

そして、河口付近には砂が溜まり潮の満ち引きによって絵になる光景を創り出してくれます。干潮なら歩いて渡れるほどの砂の道ができ、ここを人が歩いている絵はぜひ撮りたいところ。(結婚関連の写真もここで撮っていることがある)

 

四国カルスト

名称四国カルスト
所在地愛媛県上浮穴郡久万高原町西谷
電話番号0892-21-1192(久万高原町観光協会)
備考・許可飛行できます(牧場上空は要連絡)

「日本三大カルスト」にも選ばれている愛媛を代表する景勝地で、障害物が一切ない広大な大地を飛ばせる、まさにドローン飛行にはもってこいの場所です。

ただ単に高度を上げるだけでも絵になる映像が撮れますし、低空で特徴的な白い岩を撮るのもスリルがあっておもしろいです!

また、風車なんかもあったりしますので、それを入れることで絵になりますし、昼間はもちろん、ここは夕日の時間帯も綺麗ですので、時間に余裕があるなら夕日とセットで撮るといいですね。

 

御幸寺山

名称御幸寺山(みきじさん)
所在地愛媛県松山市祝谷
電話番号089-924-0730(御幸寺)
備考・許可山頂は御幸寺の敷地。許可はしてくれます。

松山市中心部をドローンで撮りたいならぜひおすすめのスポット。

松山城を含め360度の景色を楽しむことができます。街の近くでここまで高く飛ばせる場所はあまりありませんので、結構レアな映像が撮れますね!

山頂から飛ばせば、そこから+150m飛ばすことができ、なかなか高い一から撮影できます。そして、ここは人口集中地区に指定されていないため、わりと自由に飛ばせるのも魅力的です。

高度を上げると、夕方には瀬戸内海に沈む夕日を撮影できますし、高性能なカメラを備えたドローンであれば街の夜景なんかも撮影できたりします。

 

 

塩ヶ森ふるさと公園

名称塩ヶ森ふるさと公園
所在地愛媛県東温市南方
電話番号089-964-4412(東温市役所 都市整備課)
備考・許可飛行可能(都市整備課・自然公園)

市の公園?だと思いますが、役所の関係部署に確認したところドローンを飛ばしてもOKという返事をいただきました。また、ここは自然公園ですが、自然公園法では現状ドローンに関する規制はないですので禁止されておらず飛ばすことができます。

正直、普段はあまり撮りたいような被写体はありませんが、春は山頂付近に綺麗な桜が咲きますので、唯一それだけは撮り甲斐あります!麓から見てもわかるくらい、一部密集して桜が咲きます。

公園ということで、少なからず人がいる可能性が高いですので、なるべく人が少ない朝などに撮影するといいですね!

 

 

三津の渡し

名称三津の渡し(みつのわたし)
所在地愛媛県松山市の三津浜港内
電話番号089-952-4044(愛媛県漁協三津浜支所)
備考・許可愛媛県漁協三津浜支所に簡単な計画書提出で撮影可

港関連の許可は問題なしで、唯一、愛媛県漁協三津浜支所に飛行者の情報などを含めた簡単な計画書を提出してほしいとのこと。提出すれば飛行させてくれます。また、撮影当日には船長さんに声がけをするといいですね。

平日の昼間などはあまり人が利用しないため、船は1時間に数回しか動きません。よって、何回か撮りたいなら待機時間が多くなります。

長年続いている渡し船ですし、港も雰囲気があってとても趣があります!街中の渡し船は珍しいと思いますので、ここは個人的にかなりおすすめスポット!

 

 

五色姫海浜公園(五色浜)

名称五色姫海浜公園(五色浜)
所在地愛媛県伊予市灘町
電話番号089-909-6360(伊予市都市住宅課)
備考・許可飛行可能(伊予市都市住宅課)

伊予市にある有名な海岸で、通称「五色浜」と呼ばれる海岸。

別になにがあるわけではないですが、街からも近いので練習には最適な場所です。人は誰かしらいる場合が多いですので、できるだけ人から離れて飛ばしましょう!

砂浜自体は綺麗ですが、まぁ本格的な撮影には全然向いていません。

 

阿歌古渓谷

名称阿歌古渓谷(あかごけいこく)
所在地愛媛県東温市山之内
電話番号089-964-4414(東温市産業創出課)
備考・許可飛行可能(東温市産業創出課)

人里離れたマイナーな渓谷です。

水だけは透明度抜群でとても綺麗ですが、被写体となりそうな場所は本当に一部で、撮るものはあまりありません。ただ、人がとにかくいませんので自由に飛ばし放題!

障害物が多い場所での飛行、低空での飛行などの練習にはなりますので、撮影メインではなく練習メインで訪れるといいですね。

 

 

松山港

名称松山港
所在地愛媛県松山市
電話番号089-951-0161(松山港湾・空港整備事務所)
備考・許可松山港は飛行可能です

松山港でのドローン飛行は禁止されていないため、飛ばすことができます。

ただし、船が航行していることから、船の真上を飛ばしたり進路上を飛ばして航行の邪魔をしないように飛ばす必要があります。また、松山港は空港に近いですので、DJI社のドローンでは一部飛行禁止エリアになっていて飛ばせませんし、それ以外の場所でも高度に制限が設けられていますので、飛ばす際には注意が必要です。

 

 

前述した通り、松山港にはフェリーが頻繁に通りますので、それらを撮影することができます。海を走る船は絵になりますし、ドローンでなければ撮れないですから、安全に気をつけてぜひ撮影してみてください。

 

 

除ヶの堰堤

名称除ヶの堰堤(よけのえんてい)
所在地愛媛県東温市山之内
電話番号089-909-8774(中予地方局建設部河川砂防課)
備考・許可飛行可能(中予地方局建設部河川砂防課)

東温市の重信川にある除ヶの堰堤。

普段は何もないですが、5月前半には期間限定で鯉のぼりが設置されるため、この時期のみドローンで撮影したい被写体になります。堰堤よりも鯉のぼりがメインで、風が吹けばまるで川を上って泳いでいるかのような映像が撮れまして、これこそ上空からドローンでないと撮れない映像です。

鯉のぼりを上から見るのはなかなかないでしょうから、ぜひこの時期にはドローンを持って訪れてほしいスポットになってます。

 

 

亀老山展望公園

名称亀老山展望公園(きろうさんてんぼうこうえん)
所在地愛媛県今治市吉海町南浦
電話番号0897-84-2111(今治市役所 吉海支所 住民サービス課)
備考・許可国土交通省の許可を持っているか聞かれましたが、飛行可能でした

愛媛の絶景スポットとして紹介される亀老山展望公園!

しまなみ海道の来島海峡大橋を一望することでき、夕方には「橋×夕日」を撮影できるため、毎日夕方にもなるとたくさんのカメラマンで賑わいます。

基本的に人がたくさんいるので正直飛ばしづらいです。飛ばす際には観光客に注意するのと、あとは山頂から飛ばす場合には高度に注意する必要があります。また、鳥が飛んでいましたので、落とされないように注意しながら飛ばすといいと思います。

撮るなら午前中か夕方がおすすめです。午後はガスりやすしですし、逆光になると橋が綺麗に映らなくなります!

まとめ

愛媛にあるドローンのおすすめ撮影スポットを30ヶ所ほど紹介しました。

紹介したのは一部で、これら以外にもまだまだ沢山あります。愛媛はおそらく他県よりも許可関連が緩いと思いますので、現段階では結構撮りたいところは撮れています。

まだ行けてないところも多々ありますし、魅力的な被写体はまだまだありますので、今後とも愛媛の撮影スポットを積極的に巡ってみたいと思っている次第です。

ぜひ紹介したスポットを参考に、皆さんも飛ばしに行ってみてください!

タイトルとURLをコピーしました