愛媛県はドローン環境が最高であらゆるシチュエーションで飛ばせる

ドローン

日本ではドローンを持っていたとしても、規制が厳しかったりして色々な場所で飛ばせませんし、人の視線も気になって飛ばしていても全然楽しくありません^^;

私自身はいま現在愛媛県(松山市)に住んでいて、その近辺でドローン空撮を日々しているわけですが、正直なところ、ほかの都道府県と比べて愛媛県は「ドローンを飛ばす環境に恵まれている」と最近思うようになりました。

元々住んでいた場所も実家も県外にあることもあって、他県でドローンを飛ばすことが多々ありますが、よくよく考えてみると、愛媛ほど様々なシチュエーションでドローン飛行できる環境はないなと思った次第です。

特に松山近辺には海もあれば山もある。フェリーも通っていれば、海沿いには列車も走ってる。ただ単に景色を空撮できるだけでなく、そのような動体空撮も比較的容易にすることができます。

今回は「愛媛県(特に松山近辺)でのドローン環境がどれほど良いのか」について少し深掘りして紹介できればと思います。



様々なシチュエーションで飛ばせる

愛媛県の松山近辺には様々なシチュエーションで飛ばせる場所がたくさんあります。おそらく空撮する上での被写体という意味では、ほとんど揃っているのではないでしょうか?

では、一体どんな場所があるのか見ていきたいと思います。

瀬戸内海がある

愛媛県は「瀬戸内海」に面していまして、松山の市内中心部から車や電車で15分ほどで海に行くことができます。

ご存知の通り、ドローンは海との相性がとてもよく、ひらけた空間で衝突するような障害物も少ないですし、万が一墜落したとしても、海なのでほかの人への被害はありません。また、海で飛ばせば他人の邪魔にもならないということで、ドローンを飛ばすにはまさに持ってこいの場所です。

東京や大阪など都市部に住んでいる人は、空撮するのにわざわざ1時間以上かけて移動しなければならないなんていうこともありますから、電車や車で15分ほどの距離に飛ばせる場所があるというのは、その時点でかなり恵まれてます。

国土交通省に許可を申請するにも、10時間以上の練習が必要になるわけですが、これがもし都会に住んでいたら練習するだけなのに移動時間が長いということで正直嫌になりますし、なかなか10時間までの道のりは長いです。

ひらけた海がすぐ広がってるということで、「飛ばしたい!」と思ったら気軽に移動して飛ばすことができますので、これはなかなかドローンを飛ばす上での環境はいいと言えますね!

離島がある

瀬戸内海には「離島」がたくさんありますが、松山周辺には「忽那諸島」と呼ばれる離島があって、フェリーや高速船で気軽に行くことができます。

離島は本島よりも人が少なく、また、本島では見られない風景が広がっていますので、空撮するには最高な環境です。

実際に私は「忽那諸島」の7つの有人島をすべてまわって空撮しましたが、まわりの目を気にすることなく、思う存分ドローンを飛ばすことができました。

島のまわりでは養殖していたりしますので、それらを空撮するのもありですし、みかん畑などの農作物を撮るのも楽しいです。どちらにしろ海に囲まれていますから、海に向かって飛ばすことができます。

船舶(フェリー/小型船/豪華客船)が撮れる

松山には松山港をはじめ小さな港がたくさんあります。

漁業の小型船はもちろん、すでに紹介した離島ヘ行くためのフェリーや高速船、そして年に数回程度ですが豪華客船もやってきますので、港にやってくるそれらの「船舶」をドローンで撮ることができます。

船舶の空撮は「動体空撮」になりますので、綺麗な映像を撮るにはそれなりの操縦技術が必要ですが、逆を言えば、動体空撮ができればドローンを飛ばす上ではかなり自由自在に飛ばせるということですから、実は練習にも持ってこいの被写体なのです!なにせ動体空撮のなかでも特にフェリーなどは速度が遅いですので、動体空撮の練習がしやすいのが特徴。

また、港の近くで飛ばすことによって、船舶は定期的に何度も通過しますので、チャンスは何回でもあります。

私は完全に船舶空撮にはまってしまっていて、暇さえあれば定位置へ行って空撮しています。良い練習にもなりますし、綺麗な映像が撮れれば、それこそ自己満足に浸ることもできます^^;

〜港があるので接岸する映像も撮れる〜

港があるということは、船舶が海を航行する様子を撮ることもできれば、船舶が離岸・着岸する様子も撮ることができます。船舶が航行するまでの一連の過程がすべて撮れるのも環境として恵まれています。

もちろん、港には「港則法」等の法律がありますので、ドローンを飛ばす際には事前の確認は必要ですが、私が飛ばしている松山周辺の港では基本的に飛ばしてOKですので、船舶に激突したり墜落したりすることがないように毎回安全に配慮して飛ばしている次第です。

飛ばせる海岸がある

松山近辺には人が訪れる「海岸」がいくつかありますが、これらの場所でも基本的に飛ばしてOKとなっていますので、気軽に飛ばしに行くことができます。

以前、神奈川県の江ノ島近辺(鵠沼海岸)で飛ばしたことがあり、ここも飛ばしてOKだったものの、とにかく早朝にもかかわらず人が尋常じゃなく多く、なんだか監視されているような感じで飛ばしづらかったのを覚えています^^;

しかし、愛媛・松山の海岸はほとんど人がいませんので、人の目も全然気になりませんし、自由気ままに飛ばすことができます。海水浴シーズンなどは流石に避けたほうがいいですが、それ以外は基本的に人がいませんので独占状態です。

海岸での空撮は特別撮りたい被写体があるというわけではないですが、練習がてら軽く飛ばすには最適ですし、船舶を撮るのに海岸から飛ばしたりもできますね。

中心部からの時間的なアクセスがよく、それでもって人が少ないということですから、こんな素晴らしい環境はほかにありません!

電車を撮れる

船舶空撮に続いて、「鉄道空撮」をすることもできます。

愛媛にはJRの予讃線が走っていますし、南下すればインスタグラムでも有名な下灘駅もあり、休日には観光列車「伊予灘ものがたり」も走っています。おまけに、これらは海岸線を走っているため、海の上でドローンを飛ばして鉄道を撮れるため、安全面からしても容易に鉄道空撮ができます。

また、松山近辺では伊予鉄の郊外列車が走っていて、これもまた一部海岸線がありますので空撮することができます。

鉄道を空撮するには距離を空けて飛ばす必要がありますし、絶対に列車に衝突させたり線路に落とすわけにはいきません。

海から撮れればいくらでもうしろ側の空間は空いていますから、十分距離を空けることができて飛ばしやすいです。

そして、鉄道空撮もまた難易度は高く、絵的に斜め前から飛ばすのが個人的には好きで、もし上手く撮れればこちらもなかなか素敵な映像になります。鉄道は駅に停車する際に速度を落としますので、それに合わせてスティック操作をしますので、かなり繊細な操作が必要です。難しければ難しいほどやりがいはありますから、鉄道空撮も私のお気に入りです!

松山を走る郊外線は海に面していて、そこは港も近いこともあり船舶も通ります。つまり、船舶空撮して鉄道空撮して…と両方とも撮れる場所がありまして、動体空撮するにおいてはとても環境がいいです。

川幅の広い一級河川がある

松山市と隣町の東温市には一級河川である「重信川」が流れています。

一級河川ということもあり川幅はとても広く、そこに人はいませんから飛ばすには最適。水が流れていない部分が大半ですので、万が一落としてしまっても回収しに行ける可能性があります。なので初心者の練習スポットとしては最高です。

もちろん河川で飛ばすにも「河川法」がありますので、管理事務所に確認する必要がありますが、重信川では飛ばすことができます。

また、ここの河川を予讃線が通りますので、川を走る鉄道を撮ることもできますし、車が通る橋ももちろんありますので、少し離れたところから車の動体空撮なんかもできてしまうのです。

さすがに河川は散歩している人がいますから、少しは人の目はありますが、松山ということで大都市の河川と比べればほとんど人なんていないも同然ですね。

このように練習できる河川があるのも、飛ばす環境が良いと言えます。

山・滝がある

四国に行ったことのない人などが「四国」と聞いてイメージするのは、やはり瀬戸内海があるということで「海」だと思いますが、実際に四国に住んでみて実感するのは、四国は圧倒的に「山」が多いということです。

住んでいる松山に関しても、海から1時間も掛からず自然が多い山へ行くことができます。愛媛には石鎚山という西日本最高峰の山もあるくらいですし、数時間もすれば完全にそこは山です。

山があるということは、眺望撮影ができます。有名なのが四国カルストやUFOラインと呼ばれる道ですね。CMで使われそうな、ほかの都道府県では見れないような素晴らしい絵を撮ることができます。

そして、山があれば「滝」もあります。

滝もドローン空撮の被写体としては非常におすすめで、普段は見れない滝の全体を見ることができますし、滝に接近すれば迫力のある映像だって撮れます。GPSが掴みにくいなどの問題はありますが、接近しての撮影はハラハラドキドキで面白い経験ができます。

愛媛の滝には人が全然いませんので、冬場などはほぼ独占して撮影に集中することができまして、そこも魅力的です。

松山の都市部からも氷瀑で有名な「白猪の滝」や「白糸の滝」なども簡単に行けるのもグッドポイントですね。

お城がある

愛媛県には現存12天守を含めた「お城」があります。

さすがに国宝である松山城や宇和島城は個人で気軽に撮影することはできませんが、それ以外のお城でしたらワンチャン撮影することが可能です。

お城を撮れるというのはなかなか貴重な経験なのは言うまでもありません。建造物のなかではとても魅力的で絵になりますし、おそらく多くの人が一度は撮りたいのではないでしょうか?

大洲市にある「大洲城」は、目の前に肱川が流れていますので、わざわざお城側の許可を貰うことなく撮ることができます。肘川も基本的には飛ばしてOKですので、撮影難易度は低いです。ただ、この辺りはDID地区に該当していますので、無人航空機を飛ばす場合には国土交通省から許可を貰った上で飛ばす必要があります。

しまなみ海道(来島海峡大橋)を撮れる

愛媛県にはサイクリングで有名な「しまなみ海道」があります。

なかでも四国本土と大島とを結ぶ「来島海峡大橋」は全長がとても長く、まさに「しなまみ海道」と聞いて真っ先に思い浮かぶ橋です。

そんな「来島海峡大橋」も管轄の事務所に確認したところOKでしたので、個人で空撮することができます。

お城もそうですが、建造物のなかでも巨大な橋はなかなか自分で撮ってみたいものです。橋の下の海はたくさんの船舶が航行していますので、船と離島、そして橋を入れれば「これぞ瀬戸内海!」というような絵が撮れますね。

魅力的で巨大な橋を気軽に撮れるのも愛媛のいいところです。

もちろん、橋や船舶に近づいたり、道路の上を飛行したりするのは危険でダメですが、離れたところから撮影するだけでもここは素晴らしいですので、私自身もすでに5回ほど訪れて空撮してます。

近くに空港がある

愛媛の松山市には海側に「松山空港」があります。

空港があるということは、空港周辺には制限表面があるため、その他の場所と比べると飛ばせる高度が限られてしまいますし、数キロ圏内ですとDJI社製品はロックを解除しない限り飛ばすことができず、いろいろと不便です。

ただし、経験ということでしたら、空港があるおかげで空港周辺での飛行、つまり「制限表面」についての理解を深めることができますし、ロック解除の仕方なども学ぶことができます。まぁドローンを飛ばす上で空港はないに越したことはないのは事実ですが・・・。

正直、空港周辺には特に撮りたいような被写体もないですし、制限表面でも高度を守れば問題なく飛ばすことができますから、空港があるからといって特別不便なことはありませんね。

※空港や飛行機は撮ることはできません

雪景色が撮れる


↑この映像はAshika Recordsさんが撮ったもので、松山中心部から30分ほど離れた場所での雪景色です

関東など四国以外に住んでいる方が「愛媛で雪が降る」なんて聞くと驚くと思いますが、なんと松山の中心部から30分も車を走らせれば、年に数回程度ですが「雪景色」を見ることができます。最近は暖冬と言われてはいるものの、2020年も雪景色を見ることができました。

雪景色は、北海道や東北、中部などの地域じゃないと撮れないと思いきや、わざわざそこまで行かなくても四国・愛媛の松山からすぐの場所で撮れてしまうわけですから驚きですよね(°_°)

季節や気象ごとに現れる被写体が!


↑この映像はSeiji NAKAMURAさんが撮った気象条件次第で現れる大洲市長浜の「肱川あらし」です

愛媛には年間通して魅力的な被写体があります。

1〜2月:雪景色、凍結した白猪の滝、肘川あらし

3〜4月:菜の花、桜、梅

5〜6月:鯉のぼり、棚田

7〜8月:花火

9〜10月:紅葉、棚田

11〜12月:紅葉、肘川あらし

松山近辺にもありますが、愛媛全域に足を伸ばせば本当にたくさんの良い被写体があります。季節ものはその数日間・数週間しか撮れませんし、気象によって現れるものはいくら狙って行っても現れてくれないこともありますので、いざ現れて撮れた時には喜び倍増ですね。



ドローンを飛ばしやすい環境

愛媛(松山)はとてもドローンを飛ばしやすい環境です。

飛ばせる場所、人の少なさ、気候などが主ですね。

飛ばせる場所が多い

すでに紹介したように、海や山、川など、少し離れれば人が住んでいない場所がありますので、そこで気ままに飛ばすことができます。それも中心部から数十分程度で行けてしまう場所にありますので、これは「飛ばしに行くのに面倒」ということがありません。

首都圏など都市部に住んでいる人は、飛ばしに行くだけでも苦労しますので、この点はとても環境に恵まれていると思います。

意外とOKしてくれるところが多い

ドローンを飛ばすには基本的に地権者に事前に連絡して飛ばして良いか確認しますが、わりとOKしてくれるところが、個人・役所問わず多いと思います。

海も港も川も寺も神社も…

もちろん了承してくれない所もありますが、基本的には皆さん親切にOKを出してくれる場合が多いですね。

愛媛ではそこまでドローン人口は多くないと思いますし、一度も問い合わせを受けたことがない場所が多いので、どうしようか分からず一度は悩むようですが、結果的に安全に配慮した上で飛ばせてくれるところが多いです。

やっぱり都会は殺伐としている感じですが、愛媛ではまさに真逆の印象です。

人が少なく監視が少ない

愛媛の河川や海岸に行けばわかりますが、そもそも人がいません。

この前、神奈川・茅ヶ崎の海岸に飛ばしに行った時には、平日の昼間にもかかわらず沢山の人(年配)がウォーキングなどをしており、そのなかで飛ばすのは気が引けました。関東圏や関西圏などでは平日も早朝も人が必ずいますので、そのなかで飛ばしたくないというのが本音です。

ドローンに対して良いイメージを持っている人はまだ少ないですし、こちら側もみんなが良いイメージを持っているとは思っていませんから、人が多いとなんだか監視されているような気がしてしまうんですよね^^;

そうすると、全然気ままに満足のいくように飛ばせず、早く終わることを考えてしまって楽しめません。

ところが、愛媛の場合にはそもそも人がいませんし、これは個人的な感覚ですが、わりと穏やかな人が多い印象ですので、たとえ人がいたとしてもそこまで監視されている感じがしませんし、向こうから声をかけてくる人も結構います。

安全面からしても、人がいないというのは良い事ですので、やはりこの点は地方・田舎の特権ではないでしょうかね?

東京では合法的に飛ばしていても、ドローンが飛んでたら即通報されることもあるようですので本当におそろしい限りです。

温暖で晴れが多い

気候的にも年間通して「温暖」で、冬でも氷点下になることなんて山のほうに行かない限りありません。

冬にドローンを飛ばす際には、指先がない手袋をして飛ばしますが、愛媛ではそれでツラい思いをすることはなく快適に操作できます。ところが、長野ではよく−7度くらいの気温で飛ばしていて、手袋をしていても指先が痛くなって操作するにも一苦労。

4月頃からは過ごしやすい気候になり、昨年は4月半ばで中学生が海で泳いでいたのを覚えています(笑)

また、松山は瀬戸内海が関係しているのか「晴れ」が多くて、ドローンを飛ばすならありがたい天気です。



まとめ

愛媛(特に松山近辺)でのドローン環境、他と比べて非常にいいと思います。

すぐに飛ばせる場所があり、被写体がコンパクトに集まっており、なおかつ人も少なく監視されてる感もない。

まぁドローン人口が増えて事故や迷惑行為が増えれば飛行禁止の場所が増えたり、市民のドローンに対する意識も変わってしまうんでしょうけど、現状はとても快適に飛ばせてますし、個人的にはこのままの状態を維持してほしいですけどね…。

タイトルとURLをコピーしました