2021年11月5日に発売決定!「DJI Mavic 3」の最新リーク情報を紹介

ドローン

「DJI Mavic 3」の最新リーク情報を紹介していきますが、取扱説明書の画像とスペック、ポスターなど具体的な内容が漏れてきています

発売日は2021年11月5です!

誰かがMavic 3のテストをしている写真だとか。。。

紹介するリーク情報や噂はDJI公式の情報ではありませんので、あくまで参考程度に見てください。また、この記事は情報が入り次第随時更新していきます。

DJI Mavic 3の最新情報

「Mavic 3」を買う?

View Results

Loading ... Loading ...

Mavic 3買う人に質問!どれ買う?

View Results

Loading ... Loading ...

現在リークされているスペックは下記のとおりです。(随時更新)

名前DJI Mavic 3
発売日2021年11月5日(金)
値段2,049ドル=約23万円(単品)
2,799ドル=約31万円(フライモアコンボ)
4,649ドル=約52万円(DJI Mavic 3 Cine Premium Combo)
重量920g
カメラハッセルブラッド社製
3軸ジンバル
レンズデュアルカメラ
(広角/望遠)
センサーサイズ広角:マイクロフォーサーズ(20MP)
望遠:1/2インチ(12MP)
ズーム光学7倍(望遠)
デジタル4倍(望遠)
=最大28倍
焦点距離/絞り広角:24mm、F/2.8~F/11(可変)
望遠:160mm、F/4.4
解像度5.2K(動画)
ISO広角レンズ
100-6400(動画)
100-3200(写真オート)
100-12800(写真マニュアル)
望遠レンズ
100-3200(動画オート)
100-3200(写真オート)
シャッタースピード広角レンズ
8-1/2000s(メカニカル)
8-1/8000s(電子)
望遠レンズ
1-1/8000s(電子)
録画Apple ProRes対応
(Cine Premium Combo)
飛行時間46分
最大伝送距離15km
ストレージ1TBのSSD
(Cine Premium Combo)
伝送OcuSync3.0
障害物センサー全方向
赤外線検知システム
障害物回避システム
ハイパーラプス
アクティブトラック
クイックショット
パノラマ
インテリジェントフライトモード
使用環境-10〜40度
送信機ノーマル送信機(単品)
ノーマル送信機(フライモアコンボ)
DJIスマート送信機V2.0(Cine Premium Combo)
その他アダプター追加で16mmも可能?
USB-Cによる充電可
※上記内容はあくまでリーク情報です

実機とされる写真

アームが細長くなってるのが特徴的
Mavic 3のバッテリー
Mavic 3のバッテリー

発売時期はいつ頃?

DJIから正式に発売日が2021年11月5日と発表されました。

先に「Ronin Pro」や「DJI Action 2」が発売されたあと、最後に発売されます^ ^

いや〜ようやく発売されるんですね!Mavic 2が発売されてからすでに3年が経っています!

値段はいくら?

Mavic 3の小売価格が業界関係者によって確認され、以下に近い値段になる模様。

  • Mavic 3:2,049ドル(約23万)
  • Mavic 3 フライモアコンボ:2,799ドル(約31万)
  • Mavic 3 Cine Premium Combo:4,649ドル(約52万)

Mavic 2に比べてだいぶ値上げされますね。

参考までにMavic 2 Proの値段を。

  • Mavic 2 Pro:197,560円
  • Mavic 2 Pro フライモアコンボ:244,310円

Mavic 3の選択肢は3つ!

DJI Mavic 3には2種類の機体があり、購入者は以下3つの選択肢から選べます。

  • Mavic 3 単品
  • Mavic 3 フライモアコンボ
  • Mavic 3 Cine Premium Combo

単品とフライモアコンボは同じ機体&送信機で、フライモアコンボを買うとバッテリーが3本付いてきたり、その他アクセサリーが多く付属され、これはいつも通り。

一方、Cine Premium Comboは機体もプロポも異なり、よりプロ向けの機体となります。

  • 1GBのSSD内蔵
  • DJIスマート送信機V2.0
  • 高速データケーブル

Apple ProResでの録画も可能、さらに5.2Kで撮影できることからもデータは大容量になります。そのため、Cine Premium Comboには1GBのSSDが搭載され、データを移すための高速ケーブルも付属。

また、撮影現場ではHDMI出力が必要になる場合があるため、HDMI出力可能な「DJIスマート送信機V2.0」が付いてきます。

単品とコンボはMini 2やAirシリーズと同じ従来の送信機になるとのこと。

DJI Mavic 3 Cine Premium Comboの中身

  • DJI Mavic 3 Cine
  • DJIスマート送信機V2.0
  • インテリジェントフライトバッテリー3つ
  • DJI Mavic 3の低ノイズプロペラ6つ
  • DJI RC-S2 スマート送信機スティックペア
  • DJI Mavic 3のストレージカバー
  • タイプCケーブル
  • DJI 1/Gbps Lightspeedデータケーブル
  • DJI Mavic 3 バッテリーチャージャーハブ
  • DJI 65Wポータブルチャージャー
  • DJI Mavic 3 NDフィルターセット (ND4/8/16/32)
  • DJI Mavic 3 NDフィルターセット (ND64/128/256/512)
  • QSG(クイックスタートガイド?)
  • 持ち運び用バッグ
リークされたMavic 3の内容物

機体名の「Mavic」は継承される!

「DJI Mavic 3」になるようです。

最近、DJIはAirシリーズやMiniシリーズから「Mavic」の文字を外しているため、「Mavic」の文字はすべての機体から外されるのではないかと言われていました。

が、このシリーズにはMavicの文字は残すようですね。

カメラは?性能は?

カメラはMavic 2 Proと同じハッセルブラッド社製

リーク写真にもはっきり「H」のロゴが入っています。

上段・下段のデュアルカメラで、広角と望遠になります。

解像度

  • 動画:5.2K
  • 写真:20MP(広角)12MP(望遠)

5.2Kどまりでしたか。

まぁ8Kとかはまだ必要ないですしねぇ〜

レンズ/絞り

  • 広角:24mm、F/2.8〜F/11(可変)
  • 望遠:160mm、F/4.4

Mavic 2 Proは28mmで一部からは不評でした。また、Airシリーズは1インチセンサーにもかかわらず絞りが固定でがっかりした人も多かったはず!

ここはMavic 3には期待できそうです♪

アダプター追加で16mmにもなるという情報もあります!

ズーム

2つのレンズが搭載されており、片方はズーム可能。

  • 光学7倍ズーム
  • デジタル4倍ズーム
  • 最大28倍ズーム

Mavic 2 Zoomは光学2倍(ロスレス4倍)ズームでしたから、結構すごいですねぇ〜

光学ズームを備えてるのは素晴らしいです。

ズームしたときの圧縮効果やドリーズームもできるため、表現の幅が広がります!

センサーサイズ

  • 広角:マイクロフォーサーズ
  • 望遠:1/2センサー

DJI Air 2SもEVO Ⅱも1インチセンサー搭載ですので、間違いなくマイクロフォーサーズでしょう。

3年前のMavic 2 Proでさえ1インチでしたから、マイクロフォーサーズは当然ですね。

また、メカニカルシャッターが搭載されているようです。

飛行時間は46分!

飛行時間はさらに向上して46分の飛行が可能に!

また、バッテリーはMini 2のように背面から差し込むかたちになるようです。

46分も飛べば十分ですね!

伝送はOcuSync3.0

伝送はOcuSync3.0になり、飛行距離は15kmという驚異的な数字。

正直、「OcuSync2.0」でも「OcuSync3.0」でもどちらも変わりませんし、どちらも優秀ですので、もう伝送は「OcuSync」ならなんでもOK(笑)

大きな内臓メモリーが!

リークでは、Cine Premium Comboのほうに1TBの内蔵メモリーがあるようです。

ただ、なぜ大容量な内臓メモリーを搭載!?ProResなので大容量が必要ですかね…。

障害物センサーが変更に!?

  • 前後のセンサーをコーナーに移行
  • サイドセンサーを廃止
  • 新開発の衝突回避システム

センサーをコーナーへ移行し、前後と左右を検知するということ!?

送信機は「DJIスマート送信機V2.0」

送信機は刷新され、ディスプレイ内臓の「DJIスマート送信機V2.0」になるようです。

ただし、これはCine Premium Comboにのみ付属されており、単品・コンボでの購入は従来のAirシリーズで使われている送信機だとか。

DJIスマート送信機V2.0の詳細

  • 5.5インチディスプレイ
  • 重量は750g
  • 3時間駆動
  • 1000 cd/m2
  • 1920×1080
  • OcuSync3.0に対応(15km)
  • Wi-Fiや4Gでネット接続可能
  • アンドロイドOS

ほぼ初代DJIスマート送信機ですね。

HDMI端子はもちろん付いており、上の図の番号13番になります。

意外と重さがあるのが気になるところ。

ディスプレイは上部ではなく「下部」に位置してます。個人的には上部のほうがよかったですね。操作しやすいといいのですが….。

ATTIモードは搭載?

搭載してほしいと言われている、GPS制御を外して飛行させる「ATTIモード」。

これまで空撮用Mavicシリーズには搭載されてこなかったため、おそらくですが、Mavic 3でも搭載されないのではないかと思います。

あまり必要のないモードですが、一部の人からは要望が多いモードです。

Mavic 2には搭載されていなかったため、搭載されている「Phantom 4 PRO」を好んで使用している人が現在もいらっしゃいます。

自動撮影機能は充実

「Active Track」や「マスターショット」などは当然ながら搭載。

操作しなくても、ドローンが自ら勝手に撮影する機能は向上すると思われます。

初心者でも、この機能があれば開けたところで飛ばす分には安全に、そして、なかなか良い映像が撮れ、編集もアプリで自動でやってくれます。

本物とされる説明書&スペック情報

Mavic 3に期待することは?

個人的にMavic 3に期待することは下記3つ。

  • ホバリング精度を高くしてほしい
  • 障害物センサーをより高性能に
  • Tモード/Cモードの最大速度を遅く

ホバリング精度を高くしてほしい

超低速でゆっくり飛ばす時に困るのが、機体が揺ら揺らすることです。

機体が軽いMiniシリーズでは顕著ですし、ほかのドローンでも少しでも風が吹くとやはり揺ら揺らしてしまい、結果として映像もほんの少しですが揺れてしまいます。

もしリーク写真通りですと、機体がより小型化されることが予想され、そうなると風の影響で揺れやすくなります。小型化するならもう少し「ホバリング精度」を上げてもらいたいですね。

障害物センサーをより高性能に!

ドローンであと改善してほしい点として「障害物センサー」の精度ですね。

要するに、もう少し小さいものにも検知して停止してほしい

具体的には、「枝」や「電線」を検知できるレベル!

現状、枝や電線などは検知できず、ドローンはそのまま突っ込んでしまいます。

これが検知できるようになれば、山や森でも気軽にノーズインサークルできますし、目視外飛行もラクになるんですけどね。

Tモード(Cモード)の最大速度を遅くしてほしい

最近発売された機体の致命的な欠陥は、Tモード(Cモード)の最大速度が速いことです。

スピードが出過ぎてしまって、狭い空間で飛ばすときの操作が大変。例えば、ノーズインサークルで小さな円を描こうとするときの操作が非常にやりづらい!

Mavic 2のTモードは最大3kmしか出ませんでしたので、とてもやりやすかったです。

ところが、最近のドローンのTモード(Cモード)はすべて20km前後の速度が出ますので、スティックをほんの少し倒しても結構な速度が出てしまうんですよね。

正直、PモードとTモード(Cモード)の違いがわかりません…。

まとめ

たくさんのドローンユーザーから期待されている「Mavic 3」の最新リーク情報を紹介しました。

「Mavic 3」を買う?

View Results

Loading ... Loading ...

今後も新情報が入り次第こちらに追記していく予定ですので、ぜひ定期的にチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました