DJI社ドローンの最新リーク情報&噂まとめ【Inspire/Phantom/Mavic/FPV】

今後DJI社が発売すると予想される、空撮用ドローンの最新リーク情報&噂を紹介。

紹介するのは、あくまでリークされた情報や愛好家たちの噂であり、DJI社から公式に発表された正確な情報ではありませんので、その点理解した上で参考程度に見てみてください。

必ずしも発売されるとは限りませんので過度な期待は禁物です(^^)

紹介する機体一覧はこちら
  • プロが使う中型撮影機の「Inspire」シリーズ
  • 元祖ドローンの「Phantom」シリーズ
  • DJIの主要空撮機の「Mavic」シリース
  • 初・中級者向きの「Mavic Air」シリーズ
  • 超軽量で高性能な「DJI Mini」シリーズ
  • DJI社初となる「FPV」シリーズ

\機体の購入は公式サイトで!/

【DJI公式】オンラインストアはこちら

このページは情報が入り次第、随時更新していきます

Inspire

  • 時期発売:Inspire 3
  • 予想発売日:?(2021年以降)

Inspireシリーズで現在もっとも新しい機体が2016年に発売された「Inspire 2」になりますが、もう5年ほど新しい機体が発売されておらず、「一体いつ後継機が発売になるのか?」と首を長くして待っている人も多いはず!

この5年間、次期発売が予想される「Inspire 3」に関する噂は度々出ていますが、一向に発売される雰囲気はなく、新たな情報はほとんどありません。

そろそろ発売してもいい頃なんですけどねぇ〜。って言ってもう何年経ったことか^^;

リーク&噂されている性能

こんな性能が噂されています
  • ランディングギアが変更
  • 発売と同時にZenmuse X6 / X7s / X8が発売
  • X8に関しては8K30fpsでの撮影が可能
  • 40メガピクセルでの高画質撮影も可能
  • 値段はInspire2と同等かそれ以上
  • 新たなバッテリーで3〜5分ほど飛行時間が伸びる
  • ADS-B「航空機接近感知機能」内蔵
  • 新たな送信機(プロポ)

これらのスペック情報は、数年前に出てきたものですので信憑性はあまりありません。

まぁ確実に「8K」に対応したカメラは出してくるでしょうけど、それ以外はどうなるのか全くわかりません。5年以上経って発売される機体ですから、これはかなりの進化が見込めるはずですが・・・どうでしょう。

ちなみに、アーム部分の図なんかもリークされていますが、これも信憑性なし^^;

 

発売されている最新機

  • 最新機種:Inspire 2
  • DJI公式:購入可(サイトはこちら
  • Amazon:品切れ(サイトはこちら)

 

Phantom

  • 時期発売:Phantom 5
  • 予想発売日:?(発売されない可能性あり)

根強い人気があるPhantomシリーズですが、次回発売が機体されているのが「Phantom5」になります。ただし、もう数年発売されていないのと、機能的にすでにMavicシリーズに取って代わられてることから、すでに生産計画自体がキャンセルとなっており、もう製造されない可能性が濃厚です。

ただ、DJI社は正式に「Phantomに関するすべての噂」を否定しているため、引き続きPhantomシリーズを製造していくのか?していかないのか?は不明です。

↑こちらは、2020年10月に新たにリークされたPhantom 5と噂された画像です。

信憑性に関しては「?」マークがつきますが、画面には「TEST」の文字がありますので、すでに開発されテスト段階も終了しているものと思われます。さらに、画面右下には「2020.12」の文字がありますので、発売は2020年12月になる可能性は高いですね。

結局、2020年には発売されなかったですね( ;  ; )

個人的には、Phantomシリーズはもう役目を終えたかなーと思います。とにかく大き過ぎて持ち運びに不便!生産終了でも問題ないです。MavicシリーズにATTIモード付ければOK。

リーク&噂されている性能

こんな性能が噂されています
  • レンズ交換式
  • ATTIモード搭載
  • 8K30fps
  • バッテリー34分
  • ADS-B「航空機接近感知機能」内蔵

 

発売されている最新機

 

Mavic

  • 時期発売:Mavic 3
  • 予想発売日:2022年(?)

多くの人がもっとも発売を期待しているMavic 2の後継機「Mavic 3」ですが、こちらも毎年「発売される」と言われてきましたが、2年経った今でも発売されてません。

その間、Autel Robotics社が「EVO II」という6K/8K撮影ができるなど、非常に高性能なドローンを発売。予想外の高性能っぷりに、DJI社側は当初発売する予定だった製品を一度引っ込め、さらに素晴らしい機体に仕上げているのではないか、とも言われています。

Mavic Air 2Sが1インチのセンサーサイズの性能ですから、上位機種となるMavic 3にはそれ以上の性能が搭載されることが予想されますから、これは大いに期待できる機体になりそうです^ ^

発売はどうやら2021年中はないと予想されており、早くても2022年になるようですが、一体いつまで待てばいいのでしょう?笑

ライバルも登場し、Mavic 3はかなり期待できそうな性能になってるはず!とりあえず早く出してくれ〜

リーク&噂されている性能

2021年に入ってから、内部からとされるリーク情報が入っています。

内部情報によれば、Mavic 3は開発は進んでおり、一部テスト段階に入っているとのこと。

上の画像にあるのがMavic 3の外観になり、現在わかっていることは、

  • Mavic Air 2Sと似たようなデザイン
  • カメラは大きいものが取り付けられる
  • 上方センサーは前部に搭載される
  • バッテリーはうしろから差し込むタイプ

になります。

また、違うところからも情報が。

3枚の図を見ても、バッテリーはうしろから差し込むタイプですね。

一応、Mavic 3は下記の性能が噂されています。

  • 6K/8K撮影可能
  • センサーサイズ1インチ以上
  • OcuSync3.0
  • Active Track3.0
  • 最大飛行時間の向上
  • ADS-B「航空機接近感知機能」内蔵

Autel Robotics社の「EVO II」がありますので、100%あの性能をすべて超えてくると思われますので、正直かなり期待できます♪

それと、Mavic Air 2SにはADS-Bが搭載されているということで、これは間違いなくMavic 3にも搭載してくるものと思われますね。

個人的にも、あと期待するのは「センサーサイズ」くらいしかありません…。EVO Ⅱより劣る機体は出してこないでしょうから楽しみです♪

 

発売されている最新機

 

DJI Mini

  • 時期発売:DJI Mini 3
  • 予想発売日:?(発売されない可能性)

これまでMavic Mini(2019年)、DJI Mini 2(2020年)と、まさかの2年連続で重量199g(日本)の模型航空機が発売されました。日本では航空法が一部適用されず、制限が少なく比較的自由に飛ばせることもあり、多くの人が購入した超人気ドローンです。

ただ、日本ではこれらの模型航空機も規制しようと、さらに100g以上の機体を「無人航空機」と同じように規制する方向に動いており、Miniシリーズの優位性は今後なくなると考えられます。

したがって、規制の変更がない海外ではMiniシリーズは今後も人気機種になると思われますが、日本では間違いなくあまり売れない機体になるはずです!

100g以上の機体が航空法適用の対象になったら、もうMiniシリーズを買う意味がなくなりますね。

リーク&噂されている性能

こんな性能が噂されています
  • 4K60fps撮影
  • 1/2インチセンサー
  • OcuSync2.0
  • Active Track2.0
  • D-Cinelike

まだ発売されて間もないこともあり、DJI Mini 3に関するリークや噂は出ていません

上記はあくまで個人的に予想する性能。Miniシリーズは重量制限があるため、大幅な機能向上は期待できず、あくまでマイナーアップデートを続けていくしかなさそうです…。

DJI Mini 2がすでに2.7K60fpsで撮影できるようになりましたから、もしかしたら4K60fpsもあり得る!?さらにD-Cinelikeで撮影できれば、この重量ではもう文句なしの機体ですね。

発売されている最新機

 

Mavic Air

  • 時期発売:DJI AIR 2S
  • 予想発売日:2021年4月15日(?)

2018年前半に初代Mavic Airが発売され、それから2年後の2020年にMavic Air 2が発売。さらに、その1年後となる2021年4月にDJI AIR 2Sが発売されるようです。

すでに一部販売業者に品物が届いているようで、発売はまもなく!4月15日(木)が濃厚。

すでに紹介動画みたいなものも出回っています!

毎回思うんですけど、DJIの製品って事前に情報漏れすぎじゃないですか?(笑)わざと漏らして興味関心を寄せておく戦略なのかな?

この先で紹介しますが、DJI AIR 2Sはなかなかの性能を備えてきており、Mavic 2 Proなどに取って代わるような機体です。一部で、Mavic 3シリーズはなくなるのでは!?とも言われています…。HDMIがないのが欠点ですが、それを除けば…

値段に関する情報はまだ入っていませんが、もしこれがMavic Air 2と同じ10円+αで発売されれば、驚くほどコストパフォーマンスのいい機体になりますね。

ちなみに、名前はやはりMavicをなくし、DJI AIR 2Sになるようです。一応、Mavic Air 2の後継機でありマイナーアップデートですが、それでも充分な性能でやってきます。

Mavic 3が今年も発売されないとなれば、これを買うのもアリ!?

上の画像が、DJI AIR 2SのFly Moreコンボになると思われますが、バッテリーが合計3本で、NDフィルター(ND4/ND8/ND16/ND32)が付属しているのが大きな特徴です。プロポはAir 2やMini 2と同じですね。

Air 2とMini2を持っている人が買ったら、同じプロポが3台になっちゃいますね^^;

リーク&噂されている性能

現段階でわかっている&噂されている性能を紹介。

こんな性能が噂されています!
  • 4K 60fps
  • 1080p 240fps
  • 20MP(メガピクセル)
  • 動画ビットレートは100Mbps
  • センサーサイズは1インチ
  • 前方上部にセンサー(Sモード)
  • 調整可能な「絞り」あり
  • バッテリー 3500mAh(air2と同じ)
  • ADS-B搭載(北米モデルだけ?)
  • OcuSync3.0

なかなかの性能で、撮影でしっかり使える機体に仕上がってます。

カメラ性能

最も重要なカメラ性能に関しては、かなり嬉しいアップデートになります。

なんと、センサーサイズが「1インチ」になり、 Air 2の「1/2インチ」から進化してます。

20MP(メガピクセル)になりますが、動画は4K60fps(100Mbps)で撮影でき、1080p240fpsのスローモーションにも対応している様子。

さらに、確定情報ではないですが、固定ではない「調整可能な絞り」も付いているようで、これは本格的な撮影ができそうですね。(具体的な数値は不明)

機体に取り付けてあるカメラを見ても、Mavic 2 Proのハッセルブラッドのカメラと形がそっくりですね!

前方上部に障害物センサーが搭載

前方上部に障害物センサーが搭載されており、これは新しい設計です。

おそらく、Sモード時にも障害物センサーが働くようになっているのではないかと言われています。

なんだか面白い形ですね〜( ^ω^ )

バッテリーは3500mAh

バッテリーはMavic Air 2と同じ3500mAhだそうです。

ということは、おそらく飛行時間は同じ34分くらいになると思われ、撮影に十分な飛行時間です。

ADS-B受信機を搭載

数年前から搭載が噂されていた、ADS-B(Automatic Dependent Surveillance-Broadcast)と呼ばれる「航空機接近感知機能」の受信設備が、ようやくDJI AIR 2Sから搭載されるようです。

ただ、まだ北米のモデルのみという噂もあり、日本で購入可能な機体には搭載されないかもです。

ADS-Bって搭載されたらどんな影響があるんですかね?ひとり目視外とか可能になる?

値段はいくら?

値段についてはまだ情報はありませんが、後継機ということを考えればMavic Air 2と同等の値段が考えられますし、Mavic 2に取って代わるなら20万円前後ということも考えられます。

正直、この性能で10万円+αだったら安すぎ!!!

15万円以上はしそうですが、どうなんでしょう?

発売されている最新機

 

FPVドローン

  • 時期発売:DJI FPV
  • 発表日:発売済み(2021年3月)

DJI社はFPVユニットはすでに発売しているものの、機体が組まれているFPVドローンに関しては発売していませんでしたが、ここへきていよいよ発売されます!

DJI社が発売することからも、そして、機能面からも撮影専用のFPVドローンになりますので、もっとも魅力的なのがやはりロングレンジのフライトになります。

しかし、日本では航空法や面倒な電波法、そして民法など色々関わってきますから、なかなか海外みたいにロングレンジを飛ばすのは困難です…。

技適も取れて日本でも発売!値段は約10〜16万円くらいと予想されています。

リーク&噂されている性能

最大離陸重量約795g
最大飛行時間約20分
気温-10〜40℃
動作周波数2.400-2.4835GHz、5.725-5.850GHz
センサーサイズ1/2.3″ CMOS
有効画素12メガピクセル
レンズFOV 150° 35mm換算14.66mm 絞りf2.86
ISO100 – 3200
シャッタースピード1/8000-1/60s
最大画像サイズ3840×2160
解像度4K:3840×2160(50/60p)
HD:1920×1080(50/60/100/120p)
ビデオフォーマットMP4/MOV/(MPEG-4 AVC/H.264, HEVC/H.265)
バッテリー容量2000mAh
ボルト22.2V
タイプLiPo 6S
プロポ重量346g
最大伝送距離10km(FCC)、6km(MIC)
モード切替えアングル、ホライゾン、アクロ?
最大飛行速度150km/h
チルト手元で変更可能?
GPSRTHリターントゥーホーム
ジンバル2軸
機体5インチ

こんな機体を発売してほしい!

DJI社に発売してほしい機体は、

ずばり、重量100g(250g)未満の小型FPVドローンです。

2021年3月、ついに5インチのFPV機を発売したDJI社。次に発売すべきは、航空法の適用が緩いFPVドローンです!機体がすでに組んであり、2.4GHzを使うもの。

航空法の許可申請も必要なく、買ったら本当にすぐに飛ばせる機体!

値段は1〜3万円台くらいで。DJI社的にはあまり儲けはないかもしれませんが、数量は結構売れると思うんですね!4K60fps撮れて…

そんな機体が発売されたら完璧ですね(^ ^)

タイトルとURLをコピーしました