ドローン飛行時の強風の影響と対策は?風上・風下を把握して飛ばせば問題なし!

空撮テクニック/操作方法

ドローンを飛ばすうえで「風」には常に気を配っておく必要があり、とくに強風時には帰還させられないリスクがあります。

この記事では、風速5m/s以上吹く状況下でのドローン飛行について、影響と対策を自身の経験や体験談を含めながら解説しています。

強風時にドローンは飛ばせる?具体的にどのくらいの風速までOK?

ドローンは強風時であっても飛ばせます。

ただし、「機体の性能」と「法律」が関係してきますので、すべてのドローンが飛ばせるわけではありません。

機体の性能に関しては、基本的に「GPS搭載」であったり「重量が重い」、「高性能」であれば、ある程度の風には耐えられます。具体的にどのくらいの風速まで耐えられるかは機体によって異なります。

機体がどのくらいの風に耐えられるかは、公式サイトの性能表を見ればわかります!

航空法で定める安全風速は5m/s

日本でドローンを飛行させるには、基本的に国土交通省へ許可申請をしますが、その際に多くの人が使用する「航空局標準マニュアル」には以下の記載があります。

・風速5m/s以上の状態では飛行させない。

国土交通省は、ドローンが安全に飛行できる風速を5m/sに設定しており、風速5m/sまでは安全に飛ばせるということす。

もし「航空局標準マニュアル」で許可申請した場合、許可を取得したとしても風速5m/s以上では飛行できませんので注意してください。

航空局標準マニュアルで申請して、風速5m/s以上で飛ばしてしまうとアウトですね…。

独自マニュアルなら5m/s以上でも飛行可能

高性能なドローンでは、性能的に風速5m/s以上飛ばせます。

機体の性能に問題がないなら、もっと風が吹いてる状況で飛ばしたいですよね?

風速5m/s以上で飛行させたい場合には、「独自マニュアル」で申請する必要があります。

独自マニュアルとは?
あらかじめ国土交通省が用意している「航空局標準マニュアル」を使用せず、自身の飛行方法に合うよう自ら作成したマニュアルのこと。「航空局標準マニュアル」では飛行できない場所や飛行方法で飛ばせるのが大きなメリットです。

もし独自マニュアルで風速5m/s以上、機体の耐風性能の上限まで飛ばすなら、下記のように書き換えればOK。

3.安全を確保するために必要な体制
3-1 無人航空機を飛行させる際の基本的な体制
・風速5m/s以上の状態では飛行させない。

・メーカーが定めた風速抵抗値を超える状態、もしくはメーカーが定めた風速抵抗値を超えることが予想される状態では飛行させない。

例えば、Mavic 3の耐風性能は12m/sですので、独自マニュアルで申請することで12m/sの強風下でも飛ばすことは可能です。

強風時にドローンを飛ばすときの影響

機体の性能的にも法律的にも、強風時に飛ばせたとしてもドローンは風に大きな影響を受けます。ヘリコプターや飛行機でさえ影響を受けますから当然ですよね。

あまり油断していると致命的な事故につながってしまうことも考えられます。

映像が小刻みにブレてしまう

いまの空撮機はジンバルがとても優秀ですが、強風時には風による振動を吸収できずに映像が小刻みにブレてしまうことがあります。

映像がブレてしまうと使い物になりませんから、操作していて映像がブレるくらいの強風が吹いていたら、撮影は中断することをおすすめします!

風に流され障害物に衝突し墜落

GPSを掴んでいれば機体が流されることはほとんどありませんが、機体が軽かったりGPSをOFFにして飛ばしていると、あっという間に機体は流されてしまい衝突し墜落します

離陸時は大丈夫でも、滝や谷などで飛行させていると突然GPSが切れてATTIモードになることもあり、そうなると適切にスティック操作しないと即墜落。

GPSが効いていないATTIモードなどの操作に慣れていない人は多いですので、GPSの補足状況が悪い場所で飛ばす場合には注意して飛ばしましょう!

バッテリー切れで未帰還になる可能性

強風で機体を帰還させられないケースは多々あります。

その場合に多いのが、帰還させるときに向かい風になっており、帰還させようとスティックをフルに倒しても一向に進まず、バッテリー残量がなくなりそのまま墜落してしまうパターンです。

強風時はバッテリー残量に余裕をもっておかないと高価な機体を紛失してしまいますので、ぜひ余裕を持って飛ばし、あまり遠くへ飛ばさないことが賢明です。

強風時にドローンを飛行させる際の対策

強風時にドローンを飛ばす際には、以下のことに頭に入れて注意して飛ばすことで、未帰還や事故の確率を下げれます。

  • 風上と風下を把握して飛ばす
  • 重量の軽い機体では飛ばさない
  • バッテリーに余裕を持って帰還させる
  • 自動帰還機能は信じてはいけない
  • ハンドキャッチとハンドリリースは要注意

「風上」と「風下」を把握して飛ばす

強風下でドローンを飛ばす際にもっとも重要なことが「風上」と「風下」を把握することです。

これを把握したうえで適切に飛行させることで、機体の未帰還を防げます。

  • 風上:風が吹いてくる方向
  • 風下:風が吹いていく方向

強風時に飛ばすには、「風上」から「風下」へ飛ばすことが重要です。

風上から風下へ飛ばすことで、ドローンは通常時よりも速度が出ますし、風の抵抗がなく安全に帰還させることができます。

要するに、風に乗って追い風の状態で帰還させるのです!

逆に一番やってはいけないのが、「風下」から「風上」への向かい風の飛行です。

このような状況下において、ドローンは風に抵抗しながら進むため本来の速度よりも遅くなります。また、ドローンは本来の速度を出そうとモーター(プロペラ)をいつも以上に回転させるため、通常よりもバッテリーの消費が激しくなります。

風下から風上(向かい風)のときは、速度も出なければバッテリーの減りも早いということで、未帰還になってしまう可能性が高いわけです!

飛行前に「風上」と「風下」を把握。必ず最初は風上に向かって飛ばし、風上から風下へ追い風に乗って撮影し帰還させることで、強風時でも綺麗な映像を撮れますし、未帰還のリスクも下げれます。

重量の軽い機体では飛ばさない

強風時は重量の軽い機体では飛行させないようにしましょう。

ここで大事なのは、販売元が公表している耐風性能の数値は当てにならないということ。

重量の軽い機体でも、強い風に耐えられる耐風性能を持っているドローンがあります。しかし、それはあくまで参考値であって、それを当てにしてしまうと未帰還になりかねません。

体験談

わたし自身、強風が原因で機体の未帰還と緊急着陸の経験があります。

どちらにも共通するのは、重量の軽い機体を飛ばしたということ。(Miniシリーズ)

未帰還のはなし

とある山の山頂で飛行させたときです。強風だったので一度は飛行を躊躇しましたが、せっかく数時間かけて登ったこともあり、「遠くへ飛ばさないし、まぁ大丈夫か」と安易な考えで飛ばしました。しかも、最初から風下へ。

少しノーズインサークルをして戻そうと思ったらすでに時遅し。Sモードでスティックをフルに倒しても全然進まないどころか、むしろ遠ざかって行ってしまう始末。

まだ飛ばし始めだったので、バッテリー残量は十分ありましたが、帰還させようと頑張っているうちにフル出力のドローンのバッテリーはどんどん減ってしまい、高度を変えたりして色々試したものの、最終的にバッテリー残量がゼロになって未帰還になってしまいました。

実はこのとき一緒に飛ばしてた人の機体も未帰還になってしまいました(T . T)

緊急着陸のはなし

ある小高い山のうえで飛ばしてときに、強風でしたがこちらも「大丈夫か」という軽い気持ちで飛ばしました。

このときは最初に風上に飛ばし、そこからぐるりとノーズインサークルを開始。ノーズインサークルをしているうちに風下のほうへ行き、そろそろ戻すかなぁと思って帰還させようとしてもなかなか戻ってきません。わずかに進んでいるものの、あまりの遅さに「このままだと帰還できない」と判断。急遽、山の麓の空き地に緊急着陸することにしました。

着陸させる場所は、機体のジンバルを真下に向けて手元のモニターで大丈夫そうな場所を選定。そのまま降下させるのですが、自分は山の上にいることから、機体の高度が下がると伝送が途切れてしまい画面はブラックアウトに。あとはもう無事に着陸できていることを祈るばかりです。

急いで車に飛び乗って麓の着陸場所へと向かいます。いざ、向かってみると、機体は何事もなく無事に着陸できていましたが、あと30cmほどズレていたら、側溝を流れる水のなかにドボンでした。

この2つの経験から言えることは、強風時には軽い機体では飛ばさないということ。少しでも頭のなかに「大丈夫かなぁ?」という言葉が思い浮かんだら、それはもう飛ばさないほうが賢明です。

バッテリーに余裕を持って帰還させる

「風上」と「風下」をしっかり把握して飛ばしていれば問題ありませんが、突然風向きが変わることもありますので、強風時のドローン飛行ではバッテリーに余裕を持って帰還させることをおすすめします。

具体的には半分の50%を切ったところで帰還操作をすべきです。近場なら30%くらいでOKですが、強風時は普段よりも余裕を持つことで未帰還や事故を防げます。

ドローンの「機能」は信じてはいけない

高性能な空撮機には、バッテリーの残量を自動で計算して知らせしてくれる機能があります。

要するに、ここまでの飛行でこれくらいのバッテリーを消費したから、帰りはこのくらいに帰らないと帰還させられないよ、と教えてくれる機能ですね。

しかし、強風時にこの機能を当てにするのは絶対にNGです!

その機能は、行きの速度や距離、バッテリー残量などを計算して知らせしてくれるわけですが、そこに「風」の影響は考慮されていません

行きは追い風で遠くまで行けたとしても、帰りは向かい風で同じバッテリー消費で戻ることはできず、未帰還になってしまうのです。

ハンドキャッチとハンドリリースは要注意

ドローンを離発着させる際に、ハンドキャッチとハンドリリースをする人もいると思います。

どちらも自分の顔や体にもっとも接近する瞬間で危険です。

風が吹いていると、離陸させた直後に自分の顔にプロペラが当たることもあり得ますし、キャッチする際に機体が揺れて、プロペラが指に当たって怪我をする可能性もあります。

離陸させるときは、GPSの電波をキャッチしたのを確認してから飛ばし、滝や谷などそもそもGPSをキャッチできない場所では、出来るだけ地面から離発着をしましょう!

強風で戻って来ないと思った際の対処法

強風で機体が全然戻ってこないときの対処法。

  • バッテリーに余裕があるなら帰還行動
  • バッテリーに余裕がないなら緊急着陸

バッテリーの残量によって、対処方法が異なります。

バッテリーに余裕があるなら帰還行動

バッテリーに余裕があるなら、まずは帰還を考えましょう!

Sモードでスティックを全開に倒しても進まない・後退する場合、高度を下げたり、風が弱そうな物陰に移動させたり、左右に移動させたりして頑張ります。

それでも戻って来ない場合、バッテリーの残量を見て、今度は安全に着陸できそうな(簡単に回収できそうな)場所を探し、緊急着陸を試みます。

バッテリーに余裕がないなら緊急着陸

すでにバッテリー残量が少ない場合や戻ってきそうにない場合は、帰還させることを諦め、着陸できそうな場所をすぐ見つけて着陸行動を取りましょう

例えば、山頂で飛ばしている場合、緊急着陸する場所は麓になることが多く、そうなると着陸場所も見つけづらいですし、機体の高度を下げてしまうと送信機との電波は切れてしまいます。

事前に緊急着陸できるポイントを把握しておくのが一番ですが、手元のモニターに映る機体のカメラを真下に向け、着陸させても大丈夫そうな場所、回収できそうな場所を即座に選び、スティック操作である程度高度を下げたら最後はアプリ上の自動着陸で着陸します。

交通量の多い道路などは絶対にNG!二次被害が出ない、着陸しても支障のない場所を瞬時に判断しましょう!

手動で着陸させようとすると、電波が途切れたときに(多くの人の設定では)自動的にホームポイントへ戻ってこようとしますので、これはダメです。予期せぬ場所で着陸してしまいます。

しっかり自動着陸機能を使って、電波が届いている間に高度を下げ、最後は確実に着陸させます。

まとめ

強風時におけるドローン飛行の影響や対策を解説しました。

いくら機体の性能がよくても、空を飛んでる以上なにが起こるかわからず危険ですので、ぜひ性能に過信することなく、強風時に飛ばすときは最大限の注意を払って飛行させましょう。

大事なことは、飛行の中止・中断の判断です。飛ばしたい気持ちはわかりますが、判断ミスが原因で機体が未帰還になったり事故になったりしますので、ぜひ判断ミスをしないよう心掛けましょう。

タイトルとURLをコピーしました