猛LION|広告

西条市の隠れ名所「止呂峡」をドローンで空撮

止呂峡 撮影スポット(被写体)

愛媛県西条市にある峡谷「止呂峡とろきょう」を撮影。

ここはほかと比較しても見応え抜群の峡谷で、自然が創り出した素晴らしい渓谷美を堪能できる。しかし「超」が付くほどマイナーで、一体なぜここまで知名度がないのか不思議なくらい。地元の警察署へ連絡したときに、対応した方が存在すら知らなかったことには驚いた。

止呂峡はそもそも観光地とは言いづらい。その理由も明白で、峡谷全体を見渡すことができず、高い位置から部分的に眺められるだけだからだ。結局ぜんぜん景観を楽しめないから観光地化されていない。

今回はそんな人が立ち入れず見ることすら難しい峡谷をドローンで撮影してきた。

ドローンは上空から俯瞰で撮れるのはもちろんのこと、人が立ち入れない場所を自由に飛ばせて映像が撮れる。今回のように川の上を直線的にゆっくり飛ばせるのはもはやドローンだけがなせるわざだ。

止呂峡とは?

止呂峡

止呂峡とろきょうは加茂川の上流にある峡谷。

大蛇が住むと昔から言い伝えられており、ほかにも数々の伝説が残っていて地元住民によって語り継がれているらしい。

愛媛県の西条市から高知県へ向かう国道194号線沿いにあり、伊予西条駅からは車で20分ほどの距離。駐車場はないものの、止呂橋の入り口のところは少し広くなっており車を停めれるスペースがある。

峡谷を眺められるのは止呂橋から。この止呂橋はとても絵になる橋で写真映えすること間違いなし。交通量はほとんどないので自由に撮影や観光ができる。

止呂峡の先から人気観光地の「UFOライン」へ登って行けるので、もし西条市側からUFOラインを目指す際にはぜひ寄ってみることをおすすめする。

おすすめの時期と時間帯

止呂峡

止呂峡は秋の紅葉がもっともきれいだ。

とは言ってもここの紅葉を撮ったことがないので断言できないが、写真を見る限りたしかに秋に撮ることをおすすめする。実際には秋にも行ったのだが、見頃を過ぎていたようで全然きれいではなく撮影はしなかった。また次行く機会があったら秋に撮りたいと思う。

止呂峡は撮影する時間帯も大事だ。

深い峡谷でまわりは高い山々に囲まれているため、夕方になる前にはとっくに日陰になっている。水のきれいさを映すためにも、できれば太陽の光が当たっている昼間に撮影したほうがいい。朝早過ぎてもダメ。10時頃から14時頃までには撮影しておきたいところだ。

止呂峡のドローン空撮映像

峡谷自体は素晴らしかった。

冒頭でも書いたように、ほかの峡谷とまったく見劣りしないザ・峡谷だった。長い年月をかけて川の流れによって削られた芸術的な岩肌には感動。これはどの峡谷・渓谷を撮るときにいつも思うことであるが、今回のこの止呂峡もすごかった。また、流れる谷川(加茂川の上流)の水もめちゃくちゃきれい。太陽の光が入ると、水深が深い場所はエメラルドグリーンに輝き、それは橋の上からでも確認できる。

こういう見応えある景色を撮れたときは編集していても楽しいものだ。そしてここはもっと有名になってもおかしくない。

環境的にも難易度の高い撮影

止呂峡

止呂峡はなかなか難易度の高い撮影だった。

まず墜落したら回収に行けない。落ちた場所によっては回収できるかもしれないが、そもそも立ち入りが難しいし、基本的に水の流れの上を飛ばすことになるから水没する可能性大。

そして補助者はおらず機体の目視もしないので完全にモニター頼り。補助者なしはいつものことだから全然問題ないけど、本当に小さな枝は見えないから、ギリギリを攻めると墜落のリスクがある。でもギリギリを攻めなければいけない…。

さらに低空で左右の岩場の間ギリギリをプロペラガードなしで通過する。このように左右が岩場であれば、プロペラガードを付けておくことで低速で当たったとしても墜落する可能性は低い。しかしこの日はプロペラガードを持ってきていないのでそのまま飛ばす。おまけに障害物センサーもOFFにしないとギリギリを攻めれないので切る。

このように結構リスクが高いうえに絶対に落とせない環境だったので緊張した。無事帰還させたときにはホッとしたのを覚えている。またやりたいかと聞かれればもういい(笑)

ドローン飛行可能!離発着は橋から

止呂峡

止呂峡ではどこかに連絡したり申請書を出したりすることなく自由に飛ばせる。これは市や河川を管理する団体などに確認済み。

航空法に関しては、DID(人口集中地区)には該当していない。ただし「人や物から30m以内〜」には該当するし、映像を撮るなら「目視外飛行」も必要だ。

ドローンの離発着は吊り橋になっている「止呂橋」から。むしろ橋からしか撮れない。

普段ドローンを飛ばすときは上空、つまり自分よりも高い位置で飛ばすのが一般的だ。しかしこの時は橋の数十メートル下で飛ばすことになる。手元のモニターを見て飛ばすので、高い位置だろうと低い位置だろうと変わらないけど、帰還時は上昇が必要になるのでバッテリー残量ギリギリまで飛ばせない。さらに電波ロストしたときにRTHの設定を適切にしておかないと、最悪の場合、戻ってこなくなる可能性がある。

ちなみに止呂橋からの離発着は、道路を管轄している西条警察署からOKをもらった。しかし注意点もある。ここは一般車はほとんど通ることはないものの、伐採した木を運び出すための大きなトラックが通過する。橋ギリギリのとても大きなトラックが通るので、その辺は考慮しておくことが必要だ。おまけに橋の近くには電線がいくつかあるので、電線に引っ掛けないよう注意することも忘れずに。

峡谷では繊細な操作が必須

止呂峡

峡谷の撮影では、普段よりも繊細な操作が必要になる。

低空でなおかつ周囲の障害物に近い距離で飛ばすことになるため基本的に「低速」で飛ばす。障害物にぶつからないよう安全面に気をつけて低速にするのもそうだが、撮影していて被写体との距離が近いときにスピードを速くしてしまうとブレてしまい映像としては使えない。被写体に近づけば近づくほど低速、逆に離れれば離れるほど速度を出して撮る。

低速で飛ばすにはミリ単位のスティック操作が必要。少しでもミスると場所によっては障害物に接触してそのまま墜落してしまう。

繊細なスティック操作に関しては別の記事を確認してほしいが、Cモード(Tモード)で飛ばすと簡単だ。もっとも速度が遅いモードだが、標準設定ではそれでも少し速いので、設定(クルーズ制御)でもっと遅い速度に変えることで簡単に低速で飛ばせるようになる。

そもそも初心者には、峡谷は難易度が高いので飛ばさないほうがいい。ある程度操作に慣れて、繊細な操作ができるようになってから飛ばすことを推奨する。

まとめ

止呂峡

西条市にある「止呂峡とろきょう」は無名であるものの、ぜひ一度訪れてみることをおすすめする。

ここを目当てに来なくてもいいので、ぜひUFOラインへ行く時や寒風山トンネルを抜けて高知県側へ行くときにでも立ち寄ってみるといい。