【実践編】ブレないカクつかないプロポ操作(チルトとズームのダイヤル操作)

ドローン

ドローンの空撮映像でなにより大事なのが、ブレずに撮ることです。

どれだけ高性能なカメラで、設定も構図も完璧で、最高の映像が撮れたとしても、映像自体がブレていたりカクついていたとしたら、それはもう映像としては使い物になりません。

誰でも簡単に素晴らしい映像が撮れるドローンですけど、基本的に指2本のスティック操作で飛行させるわけですから、意外と一寸たりともブレずに撮るのは難しいのです。

今回はブレない、または、カクつかない映像を撮るためのプロポ(送信機)操作のテクニックについて簡単に紹介していきたいと思います。

使用するプロポはDJI社製ドローンMavic 2(Mavic Airも同じ)のものになりますので、Phantomシリーズのプロポだと操作性が異なります。

 



ブレないカクつかないスティック操作

ブレないカクつかない映像を撮るには、プロポのスティック操作がすべてなのは言うまでもありません。

スティック操作の一般的な方法は主に以下の2つになります。

スティックに親指を乗せて指1本で操作する方法

スティックを親指と人差し指の2本でつまみ操作する方法

繊細な操作を必要とする空撮を主としてやっている方など、おそらく指2本でスティックをつまむようにしてやっているのではないかと思います。

ただし、これらのやり方はスティックを全開に倒すフルスロットルの状態であれば、安定してブレずにカクつかずに空撮することができますが、スティックを中途半端な位置で維持する場合には、たとえ指2本であったとしても、指だけで数秒/数十秒固定するのは至難の業です。

指を枕にすると繊細な操作が可能!

指を枕のようにして添えると、繊細な操作が容易になります。

例えば、「前進」させる時にはスティックを上側(前側)に倒すわけですが、フルスロットルではなく中途半端な位置で維持しようとすると、指が1本であろうと2本であろうとピクピクして結構難しかったりします。

そこで以下の写真のように、人差し指を枕代わりにしてスティックを倒すことによって、それ以上スティックは上に行きませんし、親指で押していれば下にも行かず、結果的に簡単にスティックを同じ位置で保てます。

「後進」させる時などスティックを下に倒す時も同じで、今度は人差し指で上からスティックを押し、親指の先あたりを枕代わりにして添えてあげると、簡単に同じ位置でスティックを固定しておけます。

また、「横移動」や「パン」させる時に左右に倒す場合も、以下のように人差し指を斜めに添えてあげるだけで簡単に固定することが可能です。

これを応用すれば、斜め上にスティックを入れる時には、人差し指を斜めに添えればいいだけですし、斜め下にスティックを入れる時には、親指の先を添えてあげればいいだけです。

添える指の角度や位置を変えたりすることによって、微調整できます。

スティック以外に触れている指が支えとなり抵抗が容易

指でスティックをつまんだり倒したりするだけでは不安定です。

指を枕代わりのようにして添えることが大事なのですが、注目すべきは、添えている指がスティック以外の部分に触れていて、それが支えになっている点です。

スティックは動かすと、必ず真ん中に戻ろうとする力が働きます。

指だけでその力に抵抗し、それを維持するのは難しく、しかし、片方の指がスティック以外の部分に触れていて、その状態で片方の指で力を押すことで、簡単に抵抗し同じ場所を維持することができるのです。

指2本で、片方はスティック以外の部分に触れて枕代わりにし、もう片方の指で力を押す場合と、普通に指2本でスティックだけをつまむ場合とでは、断然前者のほうが安定的にスティック操作することができます。

臨機応変に「親指派」「つまみ派」を切り替える

多くの方は「親指派」と「つまみ派」にわかれているようですが、それは別にどちらかを決める必要はなく、その時々のシチュエーションで臨機応変に「親指操作」と「つまみ操作」に切り替えればいいと思います。

例えば、「前進」「後進」「左右横移動」などをフルスロットルの場合には親指だけで十分操作可能ですし、フルスロットルではなく微妙な位置で固定しなければならない場合には、紹介したように、指2本を使って片方の指を枕のように添えて操作すればOKです。

正直、多くの方がやっているような2本の指でスティックだけをつまむ持ち方では、安定して操作するのは難しいです。

ですので、指は2本使ったとしても、片方の指は添え、もう片方の指でスティックを倒すという感覚でやるとカクつかない映像が撮れます。

PolarProのスティックを使う

PolarProというカメラやドローンなどの質の高いアクセサリーを販売している会社が、高さを調整できるスティックを発売しています。

以前は1万円以上したので購入を躊躇していたのですが、最近だいぶ値下げされて2,000円台になったので実際に購入して使ってみました。

詳細は以下の記事に書いてます↓

 

高いと力の加減が楽に!

スティックを高くすると何が良いのかと言うと、スティックが真ん中に戻ろうとする力に反発しやすくなる、つまり、弱い力でも中途半端な位置で固定しやすくなるのです。

実際に付属のスティックは低いですので、中心に戻ろうとする力に反発して維持しようとすると、少し強い力が必要で、その力で維持するのは結構難しいわけです。

特に「つまみ派」の場合には、顕著に力の加減が楽になり操作しやすくなりますし、一方の「親指派」の場合、PolarProのスティックは親指を乗せる部分の面積が付属のスティックよりも広くなっていますので、親指だけでの操作が非常に楽になります。

付属のスティックを使っている場合には、慣れるまで時間が掛かるかもしれませんが、もし操作性をUPさせたいのであれば、PolarProのスティックに投資してみるのもアリだと思います。



チルト&ズームの安定したダイヤル操作方法

ドローンを操作する上で、スティック操作に加えて大事になってくるのが、カメラの上下の向きを変える「チルト」のダイヤル操作になります。

映像の質を高め、映像に動きを取り入れたいのなら「チルト操作」は必須ですが、チルト操作も一定の速度で滑らかにやる必要がありますので、ここをミスると映像としては使えなくなってしまいます。

「チルト」のダイヤルはプロポの左上。

また、Mavic 2 Zoomでは「ズーム機能」も備わっていまして、24-48mmズームができます。このズームも滑らかな操作でないと映像としてダメなのは言うまでもありません。ダイヤル自体はプロポの右上。

ダイヤルを指先でまわすのNG!


↑映像で紹介しています

ダイヤル操作も、すでに紹介したスティック操作に通じるところがありまして、指だけでダイヤルをまわすのはNGということです!

基本的には人差し指でダイヤル操作をすることになりますが、指の腹で直接ダイヤルを回してしまうと、これもスティック操作と同じで戻ろうとする力が働くため、中途半端な位置で固定するのは大変です。

では、一体どうやれば安定した速度でダイヤル操作できるのか?

ダイヤルをまわすのではなく、指をズラす感覚

人差し指の第一関節あたりでダイヤルを挟むようにして指を置く

ダイヤルをまわすのではなく人差し指全体をズラしてダイヤルをまわす

つまり、ダイヤル自体を回す感覚ではなく、ダイヤルと固定した人差し指をズラす感覚になります。

第一関節あたりをダイヤルに当てると、ダイヤル以外の部分に指が接し、そこが支えとなって、指を少しズラすだけでいとも簡単にまわすことができて、なおかつ固定することができます。

ダイヤル操作は同じ位置で固定することが何より大事ですので、それを容易にするためにも、指をズラすことに意識を置いてみることをおすすめします!

ジンバルピッチの設定も重要!

ジンバルピッチ(カメラチルトの動きの速さや滑らかさ)はDJI GO4アプリで設定することができます。

重要なのは「最大速度」と「滑らかさ」の2つ。

チルト操作はゆっくりやるのが基本ですので、速度があまりに速いと綺麗なチルト操作ができませんし、逆に遅すぎても操作性が悪くなります。

また、滑らかさも大事で、私の場合は「20」に設定していて、大体そのくらいがちょうどいい感じになりますね!

この設定ばかりは、実際に数字を変えたりしてチルト操作をしながら、自分の操作に合った数値に設定すれば良いと思います。

基本的には「ゆっくりで滑らか」が良いのですが、あまりにもゆっくり過ぎたり滑らか過ぎたりすると、通常の位置に戻すのに時間が掛かって面倒だったりしますので、その辺はバランスが大事ですね。



まとめ

ドローンで綺麗な空撮映像を撮る際に重要な、プロポのスティック操作とダイヤル操作のテクニックについて紹介しました。

スティック操作やダイヤル操作で空撮映像の質が決まりますので、普段ブレてしまったりカクついてしまう映像を撮っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました