愛媛県西予市にあるインスタ映えスポット「わらマンモス」をドローン空撮

ドローン

愛媛県西予市宇和町の伊予石城駅のすぐ近くの田んぼにある、インスタ映えスポット「わらマンモス」をドローンで撮影してきました。

ここも以前から撮ってみたかった場所で、八幡浜方面へ撮影に行く機会があったことから、事前に飛ばして大丈夫か確認し、少しだけ寄って撮影してきた次第です。

この日は快晴で絶好の撮影日和!まわりには誰もおらず、飛ばしたい放題!電線は少しありますが、基本的に障害物が何もないことから、安心してじっくり飛ばせました。

■基本情報■
名称:わらマンモス
住所:〒797-0026愛媛県西予市宇和町岩木
連絡先:西予市経済振興課(0894-62-6408)、西予市観光協会(0894-62-6437)

「わらマンモス」のドローン空撮映像

ドローン撮影は上空から撮るのが普通ですが、このような被写体はあえて低空でチルトを少し上げてゆっくり撮るといい感じに撮れる、と個人的には思ってます。

実は、低い位置で旋回(ノーズインサークル)できるのは、ドローンだからこそなせる業!地上カメラでレールを敷けば撮れますが、気軽にできるのはドローンの強み。また、低い位置から上空へ一気に高度を上げたりできるのもドローンならではですね。

ヘリコプターでも低空では飛べませんので、低空→高度を上げて撮影できるのはドローンだけ!

本当はもっと遠くの高い位置からどんな場所にマンモスがあるのか、全体像も撮りたかったのですが、他の田んぼの地権者から承諾を得てないことから、マンモスがいる田んぼの区画のみの撮影になってしまいました。(おそらく周囲も同じ地権者だと思われ…)

DJI Mini 2で低速がやりづらい件

今回もDJI Mini 2で飛ばしましたが、やはり低速でゆっくり飛ばしづらい機体です。

理由は、Cモードの最大速度が速すぎるから

これまで再三書いてますが、

  • DJI Mini 2のCモードの最大速度は21km
  • Mavic 2のTモードの最大速度はたった3.6km

となっており、最大速度が全然違います!

つまり、ゆっくり飛ばす際、最大21kmも出てしまうDJI Mini 2だと、ほんの少しスティックを倒しただけでもそれなりの速度が出てしまうため、超低速で飛ばすのが難しいんですよ。

全然できるんですけど、とにかくやりづらくて「構図」よりも「操作」に集中してしまう…

それに比べてMavic 2だと、フルスティックでも約3kmしか出ないので低速が容易で、操作ではなく構図などに集中して飛ばすことができます。

DJI Mini 2は通常のNモードで最大36km、そしてCモードで最大21kmとなっており、「これならCモードなんていらなくない!?」と個人的に思ってます。

もっと区別するためにCモードは極端に遅くすればいいと思うのですが、最近発売されたばかりの「DJI Air 2S」のCモードも最大18km出ることから、今後発売される機体もおそらくCモードが極端に遅くなることはないと思われます。

超低速で撮るならMavic 2がベスト!個人的にはプロポの操作のしやすさからMiniでもわりとやりやすいです!

季節で違う景色が見れる


このわらマンモスは、季節によって違った景色を見せてくれます。

今回は田植え前に行きましたので何もありませんが、田植えが終わったあとは緑の中にマンモスがおり、色的にはそっちのほうが映えます。また、この辺りは冬には雪が降りますので、雪×マンモスも見応えがありますし、夜にはライトアップがされる日があるようで、ライトアップされたマンモスもとても見応えがあると思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kenji hiraoka(@hira.knj)がシェアした投稿

夏:田んぼの緑×マンモス
冬:雪×マンモス

 

この投稿をInstagramで見る

 

み(@nyarcsk)がシェアした投稿

そして、すぐ近くには予讃線が通っており、鉄道とマンモスを入れて撮るとさらに良いですね!今回撮ろうか迷いましたが、なにせ1時間に1本通るか通らないかのレベルですので、今回は時間が合わず撮れませんでした(T . T)

田植えのあとなど、また違う景色を見せてくれる季節(夏と冬)に訪れて、今度は鉄道も入れて撮ってみたいと思います!

「わらマンモス」は自由に撮っていいの?許可は?

西予市経済振興課(℡ 0894-62-6408)に確認したところ、田んぼの持ち主に連絡してくれたようで、撮影してもOKとのことでした。

その時は、数日後にイベントが控えていたらしく、そのあたりは避けたほうがいいようでしたが、基本的にイベント以外でしたら撮影しても問題ないかと思います。

ただ、田んぼは個人の土地ですので、撮る際には一言連絡いれたほうがいいかもしれません!

無人航空機(重量200g以上)を飛ばす場合には、航空法的に

  • 30m以内に人や物…
  • 鉄道付近での飛行…

の2つが関係してきます。

基本的にまわりには何もないのですが、小さな廃れた小屋があってこれが人工物になりますので、「30m以内に…」の許可申請は必要。

さらに、すぐ近くに予讃線の線路がありますので、標準マニュアルですと飛ばせるかどうかは「・・・」といった感じ。

標準マニュアルには、

高速道路、交通量が多い一般道、鉄道の上空やその付近では飛行させない。

という記載があり、鉄道の上空やその付近では飛行させないとあります。

ここが「付近」に当たることは間違いないかと思いますが、一体どのくらい離れればいいのか、具体的な数値は示されていないことから、まぁこの辺は曖昧でグレーといった感じ。

一応、マンモスと線路は50mほど離れています。「付近」が30m以内と判断すれば飛ばせますし…。まぁこの辺の判断は自己責任でやってもらうしかないですね。

まとめ

愛媛県西予市にあるインスタ映えスポット「わらマンモス」について書きました。

人も少なくて空間も広いですので非常に飛ばしやすく、それでもってとても絵になる場所です。一番良いのが田植えあとの「夏」や、雪が降る「冬」ですので、ぜひこれらの時期にドローンを持って訪れてみてはいかがでしょうか?

 

タイトルとURLをコピーしました