DJIドローンの破損した動画データを修復・復元する簡単な方法

ドローン
こんな人向けに書いています!
  • DJIのドローンで撮影した動画データが再生できない
  • 録画ボタンを停止するまえに本体の電源切っちゃった
  • 大事な動画データなので絶対に修復したい

年間通して結構なフライトをしていますが、注意しているにもかかわらず、たまに録画ボタンをOFFにすることなく、機体を回収し電源をOFFにしてしまうことがあります。

そうなると、どれだけいい映像が撮れたとしても再生することができず、諦めなければならないことになってしまいます。

こんな感じで開けないデータ↓

しかし、実はそんな破損したデータであっても、場合によっては修復することが可能なことはご存知でしょうか?

この記事では、具体的にどのように破損した動画データを修復するのか、ネット上で無料でパソコン初心者でも出来る方法を紹介しています。(わたしも初心者レベルです^ ^)

ひょっとしたら泣く泣く諦めていた動画データを修復できる可能性がありますので、ぜひ一度は試してみることをおすすめします!

DJIドローンの動画データを修復する方法

修復の一連の流れはこんな感じ!
  1. こちらのファイル(djifix)をダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを「ムービー」フォルダに移す
  3. 修復したいデータを同じく「ムービー」フォルダに移す
  4. ターミナルを開き、○○○(この先で紹介)を入力
  5. 適切な数字 or アルファベットを入力しリターンキー
  6. 修復が開始し「ムービー」フォルダに修復ファイルが作成
  7. VLCメディアプレーヤーを開く
  8. 「再生」の「レコーディング」を選択
  9. 映像を再生させてレコーディングを開始する
  10. 終わると「ムービー」フォルダに修復されたデータが!

それでは、それぞれ順番に解説していきます。

(Macで解説していきます。Windowsも最後にさらっと)

1. ファイル(djifix)をダウンロード

まずは修復するためにdjifixというファイルをダウンロードします。

(クリックするだけで即ダウンロード可能)

 

2. ダウンロードしたファイルを「ムービー」フォルダに移す

ダウンロードしたdjifixファイルを、Macの「ムービー」フォルダに移します。

 

3. 修復したいデータを同じく「ムービー」フォルダに移す

破損している修復したいファイルを、いま移した同じ「ムービー」フォルダに移します。

 

4. ターミナルを開き、以下を入力

アプリケーションから「ターミナル」(アプリケーション→ユーティリティ→ターミナル)を開き、以下を入力します。

cd Movies
chmod +x djifix
./djifix 修復したいファイル名

ー例ー

cd Movies
chmod +x djifix
./djifix DJI_0002.MP4

「修復したいファイル名」のところには、そのまま修復したいファイルの名前を入力。DJIの場合には「DJI_0002.MP4」のような名前ですね。

入力し終えたらリターンキー(エンターキー)を押します。

 

5. 適切な数字 or アルファベットを入力しリターンキー

入力しリターンキー(エンターキー)を押すと、様々な「フォーマット」や「動画サイズ」、「フレームレート」が表示されます。

そこから、破損したデータの「フォーマット」「動画サイズ」「フレームレート」と合致するものを選び、そこに書かれている「数字」または「アルファベット」を入力、最後にリターンキー(エンターキー)を押します。

ー例ー

DJI Mini 2(H.264の4Kの30fps)で撮影なら、Type 9と書かれているので、数字「9」を入れてリターンキーを押す。

 

6. 修復が開始し「ムービー」フォルダに修復ファイルが作成

数字もしくはアルファベットを入力しリターンキーを押すと修復作業がはじまり、「ムービー」フォルダに新たにファイルが作成されます。

が、この状態ではまだQuickTimeなどで再生できません。

 

7. VLCメディアプレーヤーを開きレコーディング

次にネット上のサイトから無料でダウンロード可能な「VLCメディアプレーヤー」をダウンロードしてきて開きます。

開いたら、先程作成された修復ファイルをVLCメディアプレーヤーにドラック&ドロップし、上部にある「再生」→「レコーディング」を選択。そのあと再生ボタンを押し、映像を再生させることで自動的にレコーディングが開始されます。

 

8. 終わると「ムービー」フォルダに修復されたデータが!

再生し終わるとレコーディングが完了し、「ムービー」フォルダに修復されたデータが新たに作成され、これで復元完了です。

わかりづらかったら、英語ですが、以下のYouTubeでも解説されていますので、そちらをチェックしてみてください!

Windowsでの修復方法

Windowsでの手順
  1. ファイルdjifix.exeをダウンロードする
  2. そのファイルと修復したいファイルを同じフォルダに
  3. コマンドを開き「djifix 修復したいファイル名」を入力
  4. 破損データと合致する番号やアルファベットを入れる
  5. フォルダに新たにファイルが作成される

わたしはWindowsのパソコンを持っていないので、その点ご了承ください。

やり方としては、Macの時のほとんど同じになります。

以下の英語の解説も参考に↓

 

復元に関しての注意点

破損データの復元・修復に関して、必ずしも復元・修復できるとは限りません。

また、サイズが10MB以下のデータなどはそもそも数秒程度の動画ですので復元できませんし、復元する価値もないとのこと。

 

まとめ

録画ボタンをオフにし忘れてデータが破損した場合には、おそらく高い確率で復元出来るのではないかと思います!これで万が一録画ボタンを押し忘れても問題ないので安心です( ^ω^ )

無事、修復・復元できましたか?

View Results

Loading ... Loading ...
タイトルとURLをコピーしました