素人には極めて危険!熊撃退スプレーは絶対に持ってはいけない理由

登山

熊撃退スプレーを実際に誤って顔などに浴びたことがあり、その危険性を身を以て体験したことのある人間が書いています

素人は絶対に持つべきでありませんし、持っていても使えない・使っても危険・処分も面倒ですので買わないことを推奨

近年、熊に襲われたというニュースが頻繁に取り上げられたこともあり、森や山へ行く登山者やハイカーらは熊対策として「熊撃退スプレー」を購入しているケースが増えてきているようです。

最近はそのことに警鐘を鳴らしている記事もネット上で見れますが、正直なところ、この熊対策として知られている「熊撃退スプレー」は素人が扱うには非常に危険なものであり、気軽に買っていいものではありません。

理由はこの先で説明していきますが、もし熊対策になにか考えているのでしたら、「熊撃退スプレー」という選択肢は即刻外すことを推奨します。



熊撃退スプレーを素人が持つべきではない理由

素人が持つべきではない理由は大きく下記4つになります。

① スプレーの中身が強力で北米の大型猛獣用のスプレー

浴びると失明などの重い後遺症が残る可能性がある

② 決まった状況下でしか使えないので、結局使うことができない

危険で有効期限もあり、処分するにもなかなか面倒臭い

市販されていて誰もが簡単に買えてしまう熊撃退スプレーは、実は非常にやっかいなもので、その危険性を説明することなく販売されていますので、非常に恐ろしい限りです。

買っている皆さんは持っていると安心するようですが、実際には「熊」よりも「熊撃退スプレー」のほうが危険だったりします。

それでは、挙げた4つを詳しく解説していきます。

① 北米用のため熊撃退スプレーの中身は超強力!

まず書いておかなければいけないのが、市販されている熊撃退スプレーのほとんどが、北米に生息するグリズリーやホッキョクグマなど一回り大きな熊を撃退するためのスプレーだということ。そして、日本産ではなく、北米からそのまま輸入したものであるということ。

上記のことから、3つの懸念点があります。

日本の熊(特にツキノワグマ)には刺激が強すぎる

使用した際にみずから危険な目に遭う可能性が増す

日本人が使用することを考慮したスプレーではない

この先で説明しますが、第一に刺激が強すぎます。ヒグマにはギリギリ使えますが、ツキノワグマには強すぎてかわいそうなレベルです。動物虐待や生態系を破壊してしまう可能性もあります。

また、大型の猛獣を撃退する強力なスプレーですから、それが誤って自分に降りかかってしまったらどうなるのかは想像できますし、そもそも日本のものではないですから、その辺を配慮して作られてません。

日本製なら降りかかっても大丈夫なような製品を開発すると思いますが、そうではないことを頭に入れておきましょう!

熊撃退スプレーの中身

熊撃退スプレーの中身を知らない人は多いと思います。

簡単に言うと、中に入っているのは唐辛子です。つまり辛い成分。これを熊の顔面に向けて勢いよく噴射するわけですが、辛い成分が口や鼻、喉に付着したらどうなるのかは想像できると思いますし、これは人間も同じ。

さらに詳しく言うと、この辛い成分は「カプサイシン」というもので、市販されている熊撃退スプレーはその濃度が高く、その辛さの値を示すSHU値は320,000もあります。

タバスコやチリパウダーと比べると数十倍から100倍くらいの辛さがありますので、これをまともに食らうと大型獣でも戦意喪失です。

水性ではなく「油性」

熊撃退スプレーがやっかいなのは、成分が「油性」であること。

油性の場合なにが問題なのかと言いますと、水で洗い流すことができないことにあり、万が一目に入ってしまった場合など、痛みが取れることなく長引いてしまい、症状が悪化する可能性があるのです。

人間に使用する催涙スプレーは「水性」ですので、水で洗い流せば痛みは短期間で取れることが多いのですが、熊撃退スプレーは油性なので、これがまた熊撃退スプレーのやっかい点です。

 

② 人間が浴びると失明など重い後遺症が残る可能性が!

熊撃退スプレーを持つべきではない一番の理由がコレです。

どう猛な大型獣を撃退できるスプレーを、もし人間が浴びてしまった場合大変なことになります。目に入ってしまえば最悪の場合失明の可能性もありますし、皮膚に付着すればただれてしまうことも十分考えられます。

また、少量降りかかったとしても、以下のことが実際に起こります。

喉に成分が付着して違和感を覚える

咳が止まらなくなる

目が全く開けられず涙が止まらない

皮膚が焼けるように痛い

上記は私自身が実際に少量降りかかってしまった時に起こった症状ですので、顔にかかったら確実に起こることです。

すでに書きましたが、水性ではなく油性になりますので、洗い流せません。当時はそんなことも知らず、必死に目を洗ったり石鹸で皮膚を洗ったりしましたが、全く症状が治らなかったのを覚えています。

顔面に少量降りかかってしまった時の話…

当時は熊撃退スプレーに関する知識はゼロ。ただ単に北海道=ヒグマ=危険という認識だけで熊撃退スプレーを持って行きました。

秋頃、山を登っていると熊が出てきそうな雰囲気がしたため、熊撃退スプレーを手に取り、いつでも噴射できるように安全装置を外して親指をレバーの上に置いていました。

緩い坂を登っていた時、なんと地面が濡れており思わず滑ってしまったのです。その途端、無意識に親指に力が入り、そのまま倒れると同時に地面に向けて噴射してしまいます。

倒れたため顔が地面近くにあり、地面に噴射した熊撃退スプレーの中身が跳ね返って顔に少し掛かってしまったわけです。

安全装置を外して歩くなんて正直あり得ません…。なんの知識も持たずに使おうとするとこうなります(T . T)

〜翌々日まで地獄〜

降りかかった直後から地獄が始まりました。

目は全く開けられず涙が永遠に流れ、スプレーの成分が付着した皮膚は焼けるように痛く、付着した手でほかの部位(皮膚)を触ると、そこも焼けるような痛みがあり…

沢の水で目を洗い流すものの効果はなく、温泉施設のシャワーで目を洗い流すものの効果はなく、ボディーソープで付着した部位を念入りに洗い流すも効果なく…

どうすることも出来ず、宿に行ってとりあえず就寝。数時間寝て起きると多少は大丈夫だったものの、突然目に強烈な刺激が襲いかかり、再び目を一切開けられず涙が流れるの繰り返し。

翌日、皮膚の痛みはだいぶ治ったものの、目に関しては大丈夫かと思いきや突然強烈な痛みが。ずっと続くわけではなく、治ったと思って時間が空いて突然目が開けられなくなる… の繰り返し。

翌々日、皮膚から痛みは消え、目に関しても強烈な痛みが襲うことはなくなり、それ以降は何事もありませんでした。

まともにかかると失明する可能性あり

熊撃退スプレーを浴びてしまった場合、最も心配なのが失明の可能性

私は少量だけで間接的に降りかかっただけで地獄でしたから、もろに直接かかったら失明してしまうのでは?と本気で思います。

また、失明とまではいかなくても、視力に悪影響を及ぼすこともあるでしょうし、のちに症状が現れてくる可能性だって否定できません。

誤射してしまうと失明や視力の低下など重大な後遺症が残る可能性がありますので、決して気軽に持つべきではないですし、まわりの人間にもそれを負わせてしまう可能性があるのです。

 

③ 持っていても結局使えない

熊撃退スプレーは適切な環境下でないと使うことができません。

すでに紹介してきたように、成分が強力なため、使用する際に第一に考えるべきは自分に絶対にかからないことと、熊の顔面に命中させること

自分にかからず、熊に確実に命中させるのは素人ではまず難しいです。

熊撃退スプレーが使える適切な環境が下記。

風上から風下にかけて噴射する(自分が風上側)

周辺に人いない、民家などがない

スプレーの射程距離3〜5mの至近距離で噴射する

上記3つの条件下でないと熊撃退スプレーを噴射することはできません。

コレを守らないと自分やまわりが大変なことになってしまいます。

結果的にコレらの条件下で冷静に噴射することは素人にはほぼ不可能ですので、結局のところ持っていても使うことはできないのです。

風上から風下にかけて噴射する

熊撃退スプレーを噴射する際には、自分が風上にいる必要があります

要するに、噴射した中身が風に乗って自分のほうに戻ってこないように、自分から熊の方向に風が吹いている状況下で使用するということです。

もし突然熊が目の前に現れたら熊撃退スプレーを構える余裕はないと思いますが、たとえ余裕があったとしても風の向きまで瞬時に把握する余裕はありますか?

おそらくほとんど人はパニックになってそんな余裕はないでしょう。パニックになれば熊撃退スプレーを即座に噴射してしまうかもしれません。そうなると自分に掛かってしまう事態になりかねませんね。

熊に出くわした時に、自分が風下にいたら噴射はできませんし、そのような判断をすることもできないでしょうから、結局使えないのです。

周囲に人がいない、民家がない

風の吹く方向も関係してきますが、周囲に人がいたり民家があったりしたら絶対に使えません。

熊撃退スプレーはほんの少量でも、離れた場所であっても、吸い込むと咳が出たり苦しくなったりします。

近くに他人がいると、その人たちは突然スプレーの中身を吸い込むことになり危険ですし、少し離れた場所に民家があると、そこにまで風に乗って中身が流れていき危険。

他人がおらず、なおかつ民家もない隔絶した森や山のなかでしか使えないということを認識しておく必要がありますし、週末の登山道などでも人がいるため使えません。

3〜5mの至近距離で噴射

熊撃退スプレーの射程距離は3〜5mほどしかありません。

よってスプレーは熊の至近距離で噴射しないと意味がないのです。

また、風が横に吹いている時などは5mも届かないこともありますので、確実に撃退するには3mほど接近していないと噴射できないのです。

では、果たして熊と至近距離でそこまで冷静でいられるでしょうか?

おそらく多くの人はパニックになってしまいますし、まだ射程範囲にいないのに誤って噴射してしまうこともあるでしょう。そうなると、熊は撃退できず逆に興奮させてしまい、攻撃される可能性が上がります。

ですので、使うには確実に吹きかけられる至近距離である必要があり、その状況下で風も読んで冷静に対処できるかと言われれば、素人ではまず難しいと思いますね。

 

④ 有効期限があり、処分方法も難しい

ネットでもアウトドア店でも誰でも簡単に買えてしまう熊撃退スプレーですが、処分方法まで考えて買う人はいません。

たとえ熊撃退スプレーを買ったとしても、使う機会というのはまずないと思いますし、実はスプレーには3〜5年の有効期限がありますので、使わなかった場合には適切に処分する必要があります。

自分でネット上の情報を頼りに処分するのは極めて危険ですので避けるべきですし、引き取ってくれるところを探してもなかなか見つかりません。見つかったとしても遠かったりしますからお金が掛かりますし、スプレーということでそう簡単にも送れません。

中身が中身だけに普通のスプレーのように処分できないため、安易に買ってしまってもその処分方法に困りますので、でしたらそもそも使わないこともあり、最初から買うのは避けるべきなのです。



熊撃退スプレーを持つべき人?

熊撃退スプレーは素人は絶対に持つべきはありませんし、持つべき人は非常に限られた人たちだけです。

持つべき人は下記に該当する人たち。

・北海道のヒグマ出没地に頻繁に入る人

・知床などで熊に接近する撮影カメラマンなど

まず、北海道以外で北米から輸入した熊撃退スプレーは必要ありません

北海道でも、登山道以外を歩くであったり、知床などの熊が頻繁に出没する場所を自由に散策するのでない限りは特別必要ありません。

必要になってくるのはヒグマがいる環境で仕事をするプロのみです。しかも、実際に噴射して練習しておく必要がありますし、そもそも熊に対する知識を持っている人でないといけません。

それ以外の人は基本的に持つ必要はないです。

 

素人でも持っておきたい気持ちは理解できるが…

散々持つな持つなとは言っていますが、皆さんの「でも・・・」という持ちたい気持ちは十分理解できます。私自身も以前はそう思っていましたし、危険性を知らないとそう思ってしまうのも無理はありません。

とにかく持っているだけで安心感が生まれるんですよね。別に使わなくても「こっちには熊撃退スプレーがあるから大丈夫」と心のどこかで思っていて、いざ熊がいる森や山に行っても必要以上に不安にならないのです。

日本人は心配性の人が多いのもあって、何かあった時のことを考えてつい万全な準備をしてしまいがちですし、そうなるとやはり撃退できる熊撃退スプレーに手を出してしまいます。

そんな気持ちは十分わかりますが、それでも素人は絶対に持たないほうがいいです。理由はこれまで挙げてきたことで、やはり中身が強すぎる、ミスったら失明など重症を負う羽目になる可能性がある、実際に持ってても使えない…

熊撃退スプレーはお守り程度の役割しか果たしませんので、それなら最初から持たずに、そもそも熊を寄せ付けない対策であったり他の対策を考えたほうがいいということです。

実際に無知なまま持って行き、散々な目にあった私が言っていますので、嘘だと思って熊撃退スプレーという選択肢は見送ることをおすすめします!



では、熊対策はどうすればいいのか?

熊撃退スプレーは仮に持っていたとしても、使うのは3〜5mの至近距離ですから、最終手段として使うものです。

そもそも論として、熊と出会わないことが大事であり、そこに注力したほうがよく、万が一にも出会ってしまった場合の対処法をしっかりと身につけておけば、熊に襲われることはほとんどありません。

繰り返しますが、第一に考えるべきは熊と出会わない・寄せ付けない方法です。これは一般的に言われていることですが、襲われないためにはこの対策が全てです。

鈴やラジオなどで音を出して存在を知らせる

熊を寄せ付けない方法。

定番中の定番ですが、熊は臆病な生き物ですので、普通は人間の存在に気づけば向こう側から離れてくれます。

ですので、森や山へ入る際には出来るだけ音を立てることを推奨します。特に普段熊が聞き慣れていない鈴の音やラジオの音、人間の会話音などが聞こえてくれば、すぐに異変を察知して逃げます。

ただし注意すべき点は、沢などでは鈴などをつけていても、沢の音でかき消されてしまい、向こう側も気づかず鉢合わせすることがよくありますので、沢で釣りをする人などは要注意です。

また、鈴に慣れている熊もなかにはいるようで、そのような熊には効果は薄いため、あまり対策にはなりません…。

 

遠くに発見したら自分を大きく見せて後ずさり

熊を見つけた時の対処方法。

自分と熊との距離が20m以上離れている時は、焦らず叫ばず逃げることなく冷静に対処しましょう。

熊が気付いていないのであれば、そのまま後ずさりするのが良く、もしお互いに気付いているのであれば、熊と視線を外さず、出来るだけ大きく見せて徐々に後退していくと良いです。この時に叫んだりすると逆効果で襲ってくる可能性もありますので、無言でいることが大事です。

20m以上離れていれば、向こう側は様子見はしてきますが、こちら側が刺激をしない限りは襲ってくることは少ないです。

 

向かってきたら鉈で戦う&防御姿勢をとる

こちらは至近距離まで近づいてきた時の対処方法。

数メートルまで近づいてきたら、もう戦う覚悟が必要ですが…

選択肢としては2つ。

・持ってるものを武器にして戦う

・防御姿勢を取りその場をやり過ごす

戦うか防御に徹するかはその時の持ち物など状況次第。

鉈などを武器に戦う

戦う場合には、持っているものを武器にするわけですが、そこで有効なのが鉈(なた)になります。

鋭い刃物を熊の顔面目掛けて切りつけることで、上手くいけば熊は痛くて逃げて行ってくれるかもしれません。ただ、この状況では熊と急接近していることから、爪で引っ掻かれてしまう可能性はあります。

防御姿勢を取ってやり過ごす


画像:知床財団

基本的にツキノワグマであれば肉食ではないので人間は食べませんし、そもそも近づいてくるのは熊の防衛本能や好奇心であることから、動かない人間には興味はありません。

なので、防御姿勢を取ってやり過ごすという方法も有効とは言われています。(私はやったことはないです)

上の写真のように、太い血管が通っている首裏のあたりを手で覆い、うつ伏せになることで熊が攻撃してきても耐えることができます。

背負っているリュックなども守ってくれる役割を果たしてくれますし、こちらは致命傷を負いづらい姿勢です。

 

水性の熊撃退スプレーなら検討の余地あり


画像: Amazon

素人は熊撃退スプレーを持つべきではありませんが、唯一検討の余地があるのは、「水性」で辛さを抑えた、人間にも使える催涙スプレーです。

水性ということは「油性」と違って万が一降りかかってしまっても洗い流すことができますし、しっかり成分を洗い流せれば1時間ほどで痛みが治まり、深刻な後遺症にはなりづらいです。

また、日本の国立公園や地方自治体などにも採用されているスプレーということで、一般的に流通している北米から輸入された熊撃退スプレーよりもはるかに安全度は高まります。

検討の余地があるスプレー

上記のスプレーが検討の余地があるものです。

Amazonなどで「熊 スプレー」と検索すれば一番上に出てきます。

「B-610」(大型)「B-609」(中型)がありますが、違うのはサイズだけですので、好みのサイズを選べばいいと思います。

大事なことは、この熊撃退スプレーは実際に腰などに取り付けてすぐ取り出せるようにしておく必要があり、リュックに入れっぱなしでは意味がありません。

よって、スプレーを収納するホルスターも必要ですので、合わせて買うようにしましょう。

購入ページのURLを載せることは可能ですが、個人的には推奨しませんので、ここではあえて載せません

推奨はしません

個人的にはいかなる熊撃退スプレーも持つことは推奨しません。

このスプレーであれば危険度は断然低くなりますが、それでも自ら降りかかってしまうとしばらく大変ですし、風上などをしっかり判断して噴射する必要があり、処分方法も紹介したように面倒です。

また、持つことで安心してしまい、熊を寄せ付けない対策など怠ってしまいがちですので、登山やハイキング程度では持つ必要はありません。

こんなスプレーは危険なのでダメ

よく見かける上の写真のような熊撃退スプレーは、すべて北米から輸入された、グリズリーやホッキョクグマなどを撃退する用の「油性」で超強力な成分を含むものですので、購入すべきではありません。

先程書いたように、知床で熊に近づく可能性があるプロの人などに向けたものなため、素人が気軽に手を出すものではありません。

実際に買っている人も多く、口コミには高評価が並んでいたりしますが、皆さんおそらく実践で使ったことがないでしょうし、その危険性を知らずに持っている人がほとんどですので、参考にすべきではありません。

ちなみに、私が浴びたのはカウンターアソールトという非常に高濃度な辛さを誇る熊撃退スプレーです!購入は厳禁ですよ!

 

まとめ

熊撃退スプレーの危険性や持つべきではない理由について紹介しました。

日本では熊撃退スプレーに対する警鐘がほとんどなく、誰でも手に入れられる極めて危険な状況にあります。

実際に少量浴びてしまい数日間は地獄でしたから、これを他人が大量に浴びてしまったらと思うと想像するだけで憂鬱です。

熊撃退スプレーは本当に危険なことは身を以て知っていますので、私と同じような被害者が出ないためにも、まず持たないことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました