下灘駅を通る「伊予灘ものがたり」(道後編)をドローンで空撮!

ドローン

念願だった「伊予灘ものがたり」をドローンで空撮してきました。

1日に4本走っており、「大洲編」「双海編」「八幡浜編」「道後編」のうち、最終の道後編の列車を撮りました。

土曜日で駅から綺麗な夕日が見れる夕方の時間帯ということもあって、駅ホームには沢山の観光客の方がいました。

以前にも下灘駅はドローン空撮したことがあるのですが、その時は肝心な電車が映っておらず駅だけの映像となってしまいましたので、今回はそのリベンジも兼ねて「下灘駅を通る伊予灘ものがたり」を撮った次第です。

撮影チャンスは1回のみの一発勝負ですので、いつも以上に緊張しましたが、わりと満足のいく映像が撮れたと思います^^;



下灘駅×伊予灘ものがたりの映像

今回撮ったのは、電車(伊予灘ものがたり)が下灘駅に入線してくるところから、駅に停車しているところ、さらに駅を出発して次の駅へ向かって行く一連の様子を撮りました。

注意すべきは電車や線路に近づかないこと。あと、土曜日で交通量も少し多いので道路の真上は飛ばさないようにしました。

そのため、全て海岸線から少し遠目からの撮影です。

一つ想定外だったのが、他にもドローンを飛ばしている方がいたこと。

映像にも頻繁に映っているのですが、白い機体のPhantomが電車前方のテトラポットの上空付近にいます。

撮影している途中にその存在に気付き、ドローンを少し離して注視していたところ、写真を主に撮っているのか、あまり動いている様子がなかったので、その付近は飛ばさずに離れたところからズーム機能を駆使して撮ることにしました。

映像にPhantomが映っているのが残念なのと、飛んでなければもう少し近づけたのですが…。

やっぱりズームは必須!

やはり近づけない被写体を撮るには、ズーム機能は必須ですね。

もちろん許可を貰って接近して撮影できるなら話は別ですが、遠くから勝手に撮影するとなると近づくわけにはいきませんから、ズーム機能があるとまるで近くで撮っているような絵が撮れます。

画質重視ならMavic 2 Proのほうが良いのは言わずもがなですが、ズーム機能となるとZoomしか備わっていませんので、Zoomのほうが個人的には良いですね!

画質も良くてズームもできる万能な機体が出てくれることを今後待ちたいと思います^ ^



Mavic 2 Zoomでもカメラを斜めに!

実はつい最近まで知らなかったある事実が判明!

それが、Mavic 2 Zoomでもカメラ(ジンバル)を左右に向けることができるということ。

Mavic 2 Proで出来るのは知っていたんですが、てっきりZoomでは出来ないと勝手に思っていたんですよね。それがネットサーフィンしていたらたまたま出来るという記事を見つけてしまい、実際にやってみたら出来てしまいました(笑)

いやー、これまで電車や車を撮るときにわざわざ斜め飛行させていたのがバカみたいです…^^;

カメラを斜めに向けられれば、真っ直ぐ飛ばしながら電車などを撮れてしまいますので遥かに楽になります。

それで、今回の映像では冒頭の1カットが実際にカメラを斜め下に向けてドローン本体を岸と平行に飛ばしたものになりますが、まー簡単に斜めに飛んでいるような映像が撮れますね^ ^

慣れていないということで、伊予灘ものがたりを撮る時にはこれまで通り斜めに飛ばしたのですが、少し練習すればもう電車や車はカメラを斜めにして撮ったほうが間違いないく良いです。

いかにカクッとならないように撮るかが勝負!

毎回ドローンで空撮する時に心掛けているのが、カクッとらならない映像を撮ること。

もうこの1点に尽きます。

一回でも映像がカクッとなってしまうと、もうその映像は使いません。ですので、絶対にカクッとならないようにだけ注意してますね。

電車が走行しているシーンを撮るには、ドローンを斜めに飛行させながら常に電車が画面の中央にくるようにしていますが、実際にやってみると難しいです。

後方移動の舵と横移動の舵を両方いい力加減で入れるわけですけど、どちらか強すぎるとズレていってしまいますので、常に微調整しながら飛ばしている感じになります。

そして、ズレてきてしまいつい合わせようとパンしてしまうと、高い確率でカクッとなってしまいますので、電車の走行シーンを撮っている最中は絶対に機体の向きを急には変えないようにしてます。

チャンスは一回なので緊張する!

「伊予灘ものがたり」は頻繁に走っているわけではありませんので、空撮できるチャンスはこの1回きり!

数分ごとに来る電車なら何度でもチャンスはありますが、今回は1回ということでやっぱり緊張します^^;

一度もカクッとしないで駅に到着するまでの映像を撮るのが目標だったので、やはりミスる可能性が高くその分心臓バクバクです…。

走行している電車を撮るのには慣れてきてはいるので、あとはどれだけ微調整せずに飛ばせられるか、そして微調整してもどれだけ微調整したか分からないようスムーズに飛ばすのが最大の課題でした。

結果的には一度もカクッといかずに駅まで無事撮れたので良かったです!

もっと接近して撮りたいのは山々ですし、もっとズームして撮れば撮れるのですが、ズームすることで微調整しているのがバレバレになってしまいますのでなかなか難しい。

ただ、今回発覚したようにカメラを斜め下に向けて、ドローンを電車と平行に飛行させれば、ズームしてもブレない映像が撮れそうですので、今後ぜひやってみたいと思います。



まとめ

下灘駅を通る観光列車「伊予灘ものがたり」のドローン空撮映像を紹介しました。

電車がやってくるところから停車しているところ、そして出発するところ全て撮影できて満足です^ ^

長い間ノーカットでの空撮もだいぶ慣れてきましたので、また今度は違う電車を撮ってどんどん経験値を積んでいきたいと思います。

– – –

【撮影した機体】

Mavic 2 Zoom

DJI公式サイトで購入

タイトルとURLをコピーしました