猛LION|広告

一面真っ赤に咲き誇る「窪野彼岸花群生地」をドローンで空撮

窪野彼岸花群生地 撮影スポット(被写体)

愛媛県松山市窪野町の「窪野彼岸花群生地くぼのひがんばなぐんせいち」を撮影。

ここはその名の通り彼岸花の群生地で、毎年9月中旬から後半にかけて、一面真っ赤に咲き誇りとてもきれいになる。個人の敷地で趣味的に植えられているものであり、もちろん自然に群生したわけではない。

前々から撮影したかった場所のひとつだけど、これまでなかなか行く機会がなかった。今回ちょうど見頃になる前に思い出し撮影してきた。

窪野彼岸花群生地ではドローン飛行禁止

窪野彼岸花群生地

まず書いておかなければならないのが、ここはドローンの飛行は禁止だ。

「じゃーお前はなんで飛ばしてるんだ?」とつっこまれたらその通りだけど、とにかくドローンは禁止しているとのこと。これは現地で管理する人と話して確認した。

理由は、数年前に彼岸花の上を飛ばして墜落させた人がいたからだそう。その時、ドローンを回収するのに彼岸花を踏み分けて拾いに行くのが大変だったそうで、それ以降は禁止にしているのだとか。ニュアンス的に、彼岸花の上空でなければ飛ばしてもいいよ、とも解釈できたけど、まぁどちらにしろ飛ばさないほうがいい。

ちなみに自分は管理者に確認する前に飛ばしたから映像を持っている。

最初、現地で管理者を探したものの見当たらなかった。これまで何人かの人が飛ばしているのを確認していたので、先に飛ばして事後確認する予定だった。最近この「事後確認」はよくやる手法だ。あとで聞いてOKだったらそのまま使い、ダメだったらお蔵入り。業務ではできないけど、趣味の範囲なら許してもらえないだろうか。まぁ趣味でも業務でもやらないほうがいいのは間違いないが…。

それにしても最近は場所によっては許可取りせずに飛ばすことも増えた。まぁ許可取りに関してはいつか詳しく書きたい…。

最終的に、帰り際に管理者に声をかけ「撮った映像は使っていいよ」と言ってくれた。それはもう撮ったあとだから、向こう側からしたら許可しない理由もないわけだが。優しい方だったのも幸いだった。

窪野彼岸花群生地のドローン空撮映像

彼岸花の上を飛べるのはドローンの特権だ。

高い位置から俯瞰で撮るのがドローンの一般的な撮り方だけど、実は人が立ち入れない場所を直線的に滑らかに飛ばして映像を撮れるのはドローンの魅力のひとつ。このような花の群生の上を自由自在に飛ばせるのは、地上カメラでもヘリコプターでもできない。ドローンでしかできない。

そんな映像を撮りたく今回撮影したわけだけど、とにかく見物客が多くて飛ばせない(笑)

あらかじめ予想していたので朝早め行ったのだが、すでに人がチラホラいる。ここは時期になるとたくさんの人がやってくる人気スポットだ。この時期、インスタグラムを見ると似たような写真が大量に投稿されている。そして自分のフィードもこの場所の投稿であふれる。(自分もそのうちの一人)

とにかく人がいて飛ばせなくて困った。人がいない場所もあるのだが、写真を写している方向なので明らかにドローンと自分が映り込み邪魔になる。しかもドローンを飛ばせば音もうるさいので、あまりこういう場所で飛ばしたくない。他人のことがまったく気にならない、ある意味、無神経な人もいるけど、自分は意外と気にする。ドローンをやっていない人からしたら、邪魔だしうるさいだけだからね。

でも、せっかく行ったので無理やり飛ばした。なるべく邪魔にならないように人がいないところで。

ただ、申し訳ないけど多分みんなが撮った写真には自分やドローンが写っているはず。もちろん、こっちもみんなが写っている。もうこればかりは仕方ない。なるべく写らないように撮影したし、向こう側も写らないようにシャッターを押してたはず。

無理やり飛ばしたけど全然満足には飛ばせなかった。数分飛ばして早めに帰還。本当はもっとたくさん撮りたかったけどさすがに飛ばせない。明らかに邪魔すぎるし、撮ってるこっちも気持ちよくない。

それでも、無理やりでも飛ばした甲斐はあった。やっぱり群生している彼岸花の絵は見応えがある。ここまで群生していると絵になるし、もう一度撮りたいかと聞かれれば撮りたい。もちろんもう撮ることはできないわけだけど…。望遠とか使いたかったし、もっと色々な撮り方をしたかったのが本音だ。

飛ばしやすい環境だった

窪野彼岸花群生地

飛ばすのは主に大きな木と彼岸花のあいだの狭い空間だったけど、とても飛ばしやすかった。

細い枝がないのが飛ばしやすい要因。目視しづらい細い枝がたくさんあると難易度は変わってくるけど、ここはそれらがまったくないので難易度は低い。つまり大きな木にぶつけなければ墜落する可能性は低いわけで、障害物はほぼない。

以前、墜落させたという人は一体どうやって墜落させたのか?おそらく慣れていない人だったのだろう…。

このような狭い空間では、上空で思いっきり飛ばすのとは操作方法は異なる。スティックを目一杯倒すことなんてもちろんないし、繊細な操作が必要だ。まぁCモードで飛ばせば簡単に飛ばせるし、あとはプロペラガードをつけておけば墜落することはない。

上空からもきれい

窪野彼岸花群生地

彼岸花の群生は上空から撮ってもきれいだ。

この緑色の木々の間から見える赤い彼岸花。彼岸花に接近して真上を飛ぶ絵も好きだけど、このようにチラッと見える絵も個人的には好き。

本当はもっとブンブン飛ばしたかったけど、木々の下には見物客がたくさんいるわけで、自由に飛ばすわけにはいかなかった。みんなの写真に写ることはないけど、明らかに音がうるさい。まわりは何もなく非常に静かな場所なので、気持ちよくシャッターを切っている人にとっては不快でしかない。

まとめ

窪野彼岸花群生地

窪野彼岸花群生地ではもう飛ばせないけど、また撮りたいかと聞かれれば撮りたい。もっと人がいないときにブンブンしたいし、本当はもっと色々な撮り方ができるのに…。

ドローンは飛ばせないけど、素敵な場所であることは間違いないので、今度はカメラを持って普通に観光として訪れたいと思う。