関係者以外近寄れないダッシュ島こと由利島!どこ?愛媛?行き方は?

愛媛

TOKIOが主役の『ザ!鉄腕!DASH!!』という番組で登場する「ダッシュ島」について、下記のことをメインに書いていきたいと思います。

 

✔︎ ダッシュ島の正式名称は?
✔︎ そもそもどこに位置してるのか?
✔︎ 愛媛県って本当なのか?
✔︎ 行く方法はあるのか?
✔︎ 見る方法はあるのか?
✔︎ 関係者以外近寄ることができない?

 

いきなり結論から書いてしまうと、ダッシュ島の正式名称は「由利島(ゆりじま)」でして、愛媛県松山市の沖合に位置しています。所有者もいることから勝手に上陸することはできず、船などで島へアプローチしようとすると追い返されてしまう、実は “近寄れない島” でもあるのです…。

ダッシュ島こと由利島は愛媛県松山市に位置

ダッシュ島(由利島)は四国本土から約16kmほど離れた場所に位置している無人島です。

以前は近隣の島(二神島)の人が住んでいたりしたようですが、不漁などもあり結果的に無人島となり今に至ります。弥生時代の土器が発見されていることから、すでにその頃から人が住んでいたとも言われており、とても歴史がある島だったりします。

住所としては松山市になり、北側には「忽那諸島」、南側には猫島で有名な「青島」、西側には山口県の「周防大島」などがあります。

ダッシュ島(由利島)とありが島(片島)

ちなみにですが、この島から一番近い島「片島」(山口県)は芸能人の清水国明さんが所有している島でして、「ありが島」と名付けて、無人島キャンプ場を運営していたりもします!

 

ダッシュ島(由利島)へ行く方法はある?

ダッシュ島(由利島)へ一般人が行く方法はありません

住民がいないということで定期船はもちろんありませんし、年に数回上陸できるようなイベントなども一切ありませんので、現状行くことは不可能です。

また、ダッシュ島(由利島)には所有者がいますので、勝手に上陸することはできません。もし許可を得ずに上陸してしまうと不法侵入になってしまいます!

上陸せずに船をチャーターしたりして近づくことは法的に可能ですが、行ったとしても見るだけですのでコスパが悪いと言いますか、チャーター料金に対して得られるものがありません(T . T)

そしてこの先でも書きますが、そもそも近づくことすら難しい島になっていますので、チャーターしたとしても遠目から見るくらいしかできませんね…。

ちなみに、ダッシュ島(由利島)の所有者に関しては、ここではあえて書きません。法務局で照会すれば誰でも調べられますね!

ダッシュ島(由利島)を見る方法はある?

ダッシュ島(由利島)を一般人でも見れる方法はいくつかあります!

テレビで『ザ!鉄腕!DASH!!』を見ている人なら、「どんな所にあるのか?」くらいは知りたいと思いますし、愛媛(松山)に旅行などへ行った際に一度見てみたい人もいると思います( ^ω^ )

松山市(本土)からでも場所によっては全然見ることができますし、あのインスタ映えするとして人気なスポットからも、かなり遠目ですが見ることができちゃいます!

それでは見る方法をいくつか紹介します。

① 飛行機の窓から見る

ダッシュ島と松山空港

これが最も多くの人が見れる方法で、島全体がはっきり見れる方法になります。

実は、松山空港に着陸する寸前と離陸した直後に、ダッシュ島(由利島)が見えるんですよね!上の地図を見てもらうとわかるのですが、意外と松山空港と島は近いので、ちょうど飛行機の窓から島全体をわりと近い距離で見ることができてしまうのです!

ただ、着陸時には高い確率で見ることができますが、離陸時には、飛行機が海に向かって離陸する時にしか見ることができませんので要注意。これは滑走路の風向きなどによりますので運次第ですが、基本的には海に向かって離陸しますので、見れることのほうが断然多いです。

着陸する数分前に右側の窓側座席に座る

着陸時に見る場合には、右側の窓側座席に座りましょう!

着陸する数分前から右側の窓から海を眺めていると、ダッシュ島(由利島)が見えます。特徴のある島ですので、眺めていればきっと見つけられるはず!

先程の地図に描いた赤線の通り、飛行機は着陸に向けて最後に左に旋回します。どの辺で左に旋回するかはその時々で若干違いますが、大体が赤線で描いた通りです。

なので、高度がだいぶ低くなってきて島々が見え始め、旋回が終わって真っ直ぐになる頃に右側を見ればダッシュ島(由利島)はあります。島は孤立しており比較的見つけやすいと思いますので、繋がっているような特徴的な島があったら、それは正真正銘「ダッシュ島(由利島)」です!

離陸した直後!右側の窓側座席に座る

離陸時に見る場合にも、右側の窓側座席に座りましょう!

飛び立ってから本当にすぐ見えてきます。

先程も書きましたが、滑走路の風の状況によっては海ではなく陸に向けて離陸することもありますので、その場合には残念ながら見ることはできません。

また、海側へ離陸した時には見れるには見れるのですが、滑走路を離れるとすぐに左側に飛行機が旋回してしまい、その際に機体の右側が傾いて上がってしまいます。そうなると、下に広がる海を見ることができなくなってしまいますので、結論としてはあまり見れません…。

もしどうしても見るなら、着陸する際に見ることを強くおすすめします^ ^

② フェリーから見る

防予フェリーからダッシュ島を見る

画像: 防予フェリー 公式サイト

利用する人は限られてしまうのですが、松山(三津港)と山口県を結ぶフェリーを運航している「防予フェリー」に乗船すると、ダッシュ島(由利島)が結構近い距離で見ることができます。

・松山から山口へ向かう際には進行方向の左側
・山口から松山へ向かう際には進行方向の右側

フェリーは速度が遅いこともありますので、しばらくの間は見ることができます。島は孤立していますので簡単に見つけられますし、スマホの電波が繋がれば地図を開いて場所を確認できます。

まぁ、この区間を移動する人限定で見れますので、多くの人にとっては参考になりませんね^^;

ただ、飛行機から見るのとはまた違った角度から見れますよ!

③ 愛媛の観光地から見る

松山城と下灘駅からダッシュ島を見る

ダッシュ島(由利島)は皆さんが観光でよく行く場所からも見ることができます!

ここで挙げる代表的な観光地は「松山城」下灘しもなだ駅」です。

松山城(庭や天守)からは位置によって見えますが、かなり距離がありますし、見つけられたとしても本当にその島がダッシュ島(由利島)かどうかは正直わかりません。「あ〜あれがそうなんだ!あんなところにあるんだ!」という程度です。

また、インスタ映えスポットとして有名な「下灘駅」からも、遠くのほうにダッシュ島(由利島)を見ることは可能です!ここからも距離は結構ありますし、本当に「どんな所でTOKIOのメンバーが作業しているのか」を知るくらいですね。

関係者以外は近寄れないダッシュ島(由利島)

ここダッシュ島(由利島)に近づくのは実は非常に難しいのです^^;

先程、上陸するのは所有者の許可がないから無理だと言いましたが、唯一、船をチャーターすれば島の間近まではとりあえず行くことができ、島がどんな感じなのか見ることは法的には可能です!

ただし、この島はそもそも近づくことが困難

以前、近くにある二神島ふたがみじまという離島へ行った時に住人から聞いた話。

ダッシュ島(由利島)にはかつてこの二神島の人が住んでいたこともあり、定期的に行き来していたようなのですが、近年この島の方達が船でダッシュ島(由利島)へ近づこうとすると、どこからともかく船がやってきて追い返されてしまうようなのです…。

つまり、馴染みのある島の人たちでも船でこのダッシュ島(由利島)へは近づけないと。

何者かが島に近づく者(船)を監視しており、近づこうとするものなら、船がやってきて近づくのを制止させてくるとか。それで、すっかり島へは近づけないようです。

雇って監視させている様子…

どうやら二神島で聞いたその話は事実だそうです!

日テレ側かどこかがお金を払って、部外者が島に近づかないように監視してもらっているようで、そのために近づこうとすると船がやってきて制止させられるということだそう。

まぁ、撮影以外の時は島に誰もいないわけで、となると知らない間に部外者が上陸し、島で作ったものを壊したりいじったりされてしまう可能性もありますので、監視をつけるのは理解できます。

ただ、彼らが制止してきたとしても、法的にはおそらく近づくのを止める権限はないと思われますので、上陸せずに近づく分には全然問題ないと思われます。

このように、この島へ船で近づこうとすると制止されてしまうため、実は気軽に近づける島ではないというのは理解していただけたかと思います^ ^

なのでダッシュ島(由利島)は上陸はおろか、近づくのさえ難しい島なのです!

まとめ

『ザ!鉄腕!DASH!!』で登場するダッシュ島(由利島)について紹介しました。

「TOKIOの皆さんは一体どんな場所で作業しているのか?」がわかったと思います。また、島には容易に近づくことができない事情なんかも書いてみました!

もし島を見たい人で、愛媛の松山空港へ飛行機で来る際には、ぜひ右側の窓側座席に座って着陸数分前からスタンバイしておきましょう!それが一般人がもっとも近くから見る方法です♪

タイトルとURLをコピーしました